サロンメニュー
白髪向け製品検索
お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8885-0769

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILinfo@a-w-a.co.jp

運営会社
LINEで白髪相談

ちらほら白髪はどうする?9つの対処法&対策を美容師が徹底解説

ちらほら白髪はどうする?9つの対処法&対策を美容師が徹底解説します

ちらほら白髪の対処法と対策を徹底解説していきます。

鏡を見ていると、どこからともなく現れた白髪。たった一本だけでも、気になってしまい「この白髪どうしたらいいの?」とお悩みの方も多いはず。

ちらほら白髪の対処法
  • ヘアカラー(おしゃれ染め)やハイライトで明るい髪色に染める
  • 白髪だけを白髪染めする
  • 数本だけなら切るまたは白髪隠しを使う
  • 白髪対策できるシャンプーを使う
  • ノンジアミンの製品で白髪を染める
  • グレイヘアを楽しむ

多くの方が白髪染め(染毛剤)を使う方法を考えると思いますが、実は白髪染めが苦手な人は白髪染めを使わずに対処するのもおすすめです。

この記事はこんな悩みの方におすすめです!
  • 自分に合ったちらほら白髪の対処法を知りたい
  • 白髪染め(染毛剤)を使うかどうか迷っている
  • ちらほら白髪でもお洒落なヘアスタイルを楽しみたい

ちらほら白髪の対処法や対策を知って若々しくイメチェンしたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

監修者は商品の推薦ではなく「検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。

著者

白髪染め専門美容室ソマリ

美容室ソマリ

三重県津市の白髪染めを専門とした美容室。実際に来店されるのが難しい地域外の方に向けて白髪染めや白髪ケアに関する情報を発信していきます。

白髪染め専門美容室ソマリは、三重県津市の許認可を受けたヘアサロンです。すべてのコンテンツは景品表示法薬機法に依拠し、コンテンツ制作ポリシーに則り制作したものを、美容室スタッフが監修及び精査し公開しています。

目次

ちらほら白髪はどう対処する?対策について美容師が解説

ちらほら白髪はどう対処する?対策について美容師が解説します

ちらほら白髪については、以下の方法で対処するのがおすすめです。

そもそも白髪が発生する原因は、髪の黒い色素を形成する「メラノサイト(色素形成細胞)」の働きが低下してメラニン色素が作られにくくなってしまうから

一度低下してしまったメラノサイトの働きはそう簡単に戻るものではありません。

日常生活を見直しをしつつ、白髪を目立たなくする対策をこれから紹介するのでぜひ試してみてくださいね。

ヘアカラー(おしゃれ染め)で明るい髪色に染める

ちらほら白髪の対策:ヘアカラー(おしゃれ染め)で明るい髪色に染める

ちらほら白髪は、ヘアカラー(おしゃれ染め)で明るく染めて白髪をぼかすという方法もあります。

白髪があってもヘアカラーで全体を明るい髪色に染めてしまえば、白髪との境目がなくなるので目立ちにくくしてくれます。

カラーの種類も白髪染めと比較してバラエティに富んでいますし、カラーチェンジもしやすく髪のお洒落も楽しみやすいですよ。

明るい色の白髪染め市販おすすめ9選

ハイライトで白髪をぼかす

ちらほら白髪はハイライトで白髪をぼかすのもおすすめです。

Q:白髪ぼかしハイライト”とは?
白髪を染め上げるのではなく全体的にブリーチでハイライトを入れ、白髪の存在を「ぼかす」方法。

また白髪染めは暗い色味が多いのが特徴ですが、白髪ぼかしハイライトはヘアカラーを使用して髪を染めるので、アッシュカラーなど白髪染めでは染められなかった色味を楽しむことが可能です。

全体的に明るい髪に染めるので、白髪との境目が目立ちにくく生え際白髪が目立ちにくくなるというメリットも。

頻繁に繰り返す白髪染めが手間に感じる方も、白髪ぼかしハイライトはおすすめです。

白髪ぼかしとは?効果や料金も解説

白髪だけを白髪染めする

ちらほら白髪の対策:白髪だけを白髪染めする

「白髪染めで全体染するのはまだ少し早いかな?」と感じる方は、白髪だけを白髪染めするのもおすすめです。

地毛の色を活かしながら白髪染めができるので、仕上がりに違和感がなく白髪染めをしていることが分かりにくいのが大きなメリット。

ただちらほら白髪は髪全体にまばらに生えてきている方も多くので、セルフで白髪だけを染めるのは至難のわざ。

白髪だけを白髪染めをしたい方は、美容院で施術するのもおすすめです。

セルフで白髪だけ染める方法

数本だけなら根元から切る

ちらほら白髪の対策:数本だけなら根元から切る

ちらほら白髪が数本だけであれば、根元から切ってしまうのもおすすめ。

ただし白髪は黒髪と比較して硬くて立ちやすい傾向があるので、中途半端に切ると髪が伸びてきた時にかえって白髪が目立ってしまうこともあるので注意が必要です。

白髪を切る時は白髪カット用のハサミを使用し、根元ギリギリでカットしましょう。

また、白髪染めをする予定の方は髪が短すぎると、白髪染めをはじいて染まりにくくなってしまうことがあるので注意してくださいね。

白髪対策できるシャンプーを使う

ちらほら白髪の対策:白髪対策できるシャンプーを使う

「ちらほら白髪をこれ以上増やしたくない」という方は、白髪対策できるシャンプーを使うこともおすすめです。

白髪を増やさないようにするためには頭皮環境を健康に保って、髪の黒い色素を作る「メラノサイト」にアプローチできるケアを心がけることが大切です。

白髪対策におすすめな成分

ヘマチン活性酸素の働きを抑えて頭皮環境を整える
メリタンメラノサイトの働きを活発にしてメラニン生成を促す
フコダイン頭皮に潤いを与えて頭皮環境を整える

活性酸素の働きを抑えるヘマチン、メラノサイトの働きを活発にするメリタン、頭皮に潤いを与えるフコダインは人気の白髪ケア成分。

普段使っているシャンプーを白髪対策ができるシャンプーに変えるだけで、頭皮環境が整い白髪が生えにくい状態を目指せるのでぜひ試してみてくださいね。

白髪予防シャンプーおすすめ10選

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしないおすすめの方法

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしないおすすめの方法を紹介

ちらほら白髪を白髪染めする場合は、染毛剤は使わずに頭皮への負担が少ないノンジアミンの白髪染めを使うのがおすすめです。

白髪染め(染毛剤)にはジアミンという成分が配合されていて、1回の使用でちらほら白髪を対処できるかわりに髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしないおすすめの方法を順に解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ノンジアミンの白髪染め市販おすすめ

白髪染めカラートリートメント・白髪染めシャンプーを使う

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしない方法:白髪染めカラートリートメント・白髪染めシャンプーを使う

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)しない方法として、初心者さんでも使いやすいのが白髪染めカラートリートメント・白髪染めカラーシャンプーです。

普段使用しているトリートメントやシャンプーを、白髪染めカラートリートメントや白髪染めカラーシャンプーに変えるだけでいいので最近では、利用している方がとっても多いんです。

メリット
デメリット
  • 髪や頭皮へのダメージが少ない
  • 豊富なカラーから選べる
  • 特別な準備が必要なく簡単に使える
  • 色の濃さや調整がしやすい
  • 定期的に使うことで白髪が気にならない状態になる
  • 1回で染まりにくい
  • 定期的な使用が必要

白髪染めカラートリートメントや白髪染めカラーシャンプーには、ノンジアミンで天然染料やオーガニック成分を配合したものもあり髪や頭皮へ優しく白髪ケアができます。

こんな人におすすめ
  • 髪や頭皮にダメージを与えずにちらほら白髪を染めたい
  • 初心者や不器用な人でも簡単に染められるものがいい
  • 特別な準備もなく日常のヘアケアで済ませたい
  • 保湿成分や補修成分で髪にツヤコシを与えたい

1回1回の染まり具合や色の定着度は白髪染め(染毛剤)より弱いかもしれませんが、何度も使用していくうちに半永久的に理想の髪色をキープできますよ。

本当に染まる白髪染めシャンプーランキング

市販人気白髪染めトリートメントランキング

ヘアマニキュアをする

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしない方法として、ヘアマニキュアをする方法も人気です。

ヘアマニキュアも白髪染めトリートメントやシャンプーと同じく、染料を髪の表面にコーティングする白髪染めです。

メリット
デメリット
  • 髪や頭皮へのダメージが少ない
  • 奇抜な色や派手な色などのカラーも選べる
  • 色持ちが3~4週間と長い
  • 地肌につくと着色してしまう
  • 生え際や根元・顔まわりなど地肌の近くは使えない
  • 色の調整がしにくい

染毛剤と同じように1回で染まりやすい一方で、地肌につくと着色してしまうというデメリットがあり生え際などのちらほら白髪には使うことが難しいです。

「生え際や顔まわりには白髪がない」「染毛剤を使わずに1回で白髪を染めたい」という方には、おすすめの方法ですよ。

白髪用ヘアマニキュアおすすめランキング

ヘナカラーをする

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしない方法:ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしない方法【ヘナカラーをする】

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしない方法として、ヘナカラーをする方法もあります。

ヘナは自然由来の着色成分で染める白髪染めなので、髪や頭皮へのダメージはほぼありません。

メリット
デメリット
  • ヘナ成分が髪のツヤコシをアップしてくれる
  • 天然由来の着色成分なので安心
  • 髪や頭皮へのダメージがほぼない
  • カラーが豊富ではなく、オレンジ・赤みのあるブラウンなど限定的
  • 植物アレルギーの人は使えない

白髪染め=髪が傷むというイメージがほとんどだと思いますが、ヘナはダメージが少ないどころか髪のハリやコシを与えてくれるので、年齢髪が気になる方におすすめです。

メリットも多い一方で、化学成分ではないため赤みブラウンやオレンジなど色味が限定的で、白髪はオレンジっぽく染まりやすいという特徴も。

「植物由来の成分だけで白髪をケアしたい」「髪のハリコシをアップさせたい」という方には、おすすめの方法ですよ。

ヘナで白髪染めするデメリットやメリット

白髪隠しで一時的に隠す

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしない方法:白髪隠しで一時的に隠す

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしない方法として、白髪隠しで一時的に隠すのも有りです。

おすすめアイテム

使用する場所おすすめアイテム
生え際や分け目ファンデーションタイプ
ボンボンパウダータイプ
顔周りなどの細かい部分マスカラタイプコームタイプ
スティックタイプ
広範囲スプレータイプ

生え際や分け目の白髪が気になる場合は、メイクをするみたいに簡単に使用できるファンデーションタイプやボンボンパウダータイプがおすすめ。

顔周りなどの細かい部分はマスカラタイプやコームタイプ、スティックタイプなど、ピンポイントで塗れるタイプが便利です。

また、広範囲の白髪をカバーしたい場合は、スプレータイプだとシュッと噴きかけて一気にまとめて白髪隠しができますよ。

どのアイテムもメイクのような感覚で、お出かけ前にササッとできるので便利ですよ!

白髪隠しおすすめランキング

ちらほら白髪を気にしない生き方:染めないでそのまま白髪を活かしたヘアスタイルを楽しむ

ちらほら白髪を白髪染め(染毛剤)をしない方法:染めないでそのまま白髪を活かしたヘアスタイルを楽しむ

白髪がある自分を受け入れ、自分らしく生きるグレイヘア”のスタイルもおすすめです。

例えば有名人の方だと弥生さんや近藤サトさんは自然なグレイヘアのスタイルでとっても素敵!

特に白髪の比率が多い方だとわざわざ白髪を染めなくても、ケアやセットをしっかりして白髪を美しく見せることも可能です。

白髪を活かしたグレイヘアのスタイルを楽しむことができれば、年齢に合わせて無理なく自然な美しさが演出できますよ。

白髪を染めないメリットについて解説

白髪を染めないメリットについて解説

白髪を染めないグレイヘアには、以下のようなメリットもあります。

グレイヘアのメリット
  • 白髪染めによるダメージを回避することができる
  • 白髪染めが必要ない分コストがかからない
  • 年齢に合わせて無理なくお洒落感が出せる

白髪染めは頻繁に繰り返しする必要があるので、どうしても髪や頭皮に負担がかかってしまいます。

定期的に白髪染めをしていると、金銭的な負担も大きいですよね・・。

白髪を染めなければ白髪染めによるダメージは回避できますし、費用も抑えることができます。

ケアやセットをきちんとすれば、年齢に合わせて無理なくお洒落感を出せるのも白髪を染めない大きなメリットです。

グレーヘアの手入れ方法・ヘアスタイルを解説

【独自口コミ調査】ちらほら白髪の対処法について100人に調査しました

「ちらほら白髪が気になったらどうしますか?」とアンケート調査を実施。

1位は『ハサミで切る』でした。

上記の調査結果はインターネット調査(クラウドワークス)を用いて2023年8月23日~8月26日の間に行った合計100名の女性に対するアンケート調査をもとに、株式会社AWAが作成しました。本件に関しては、プレスリリース「【調査レポート】ちらほら白髪が気になったらどうしますか?1位は「ハサミで切る」でした!|株式会社AWAのプレリリース(prtimes.jp)」もご覧ください。

ちらほら白髪に関するよくある質問

ちらほら白髪に関するよくある質問

白髪が少ない人の市販の白髪染めおすすめランキングは?

  • 1位:ダリヤ サロンドプロ 無香料 ヘアカラー早染めクリーム(白髪用)
  • 2位:ブローネ 泡カラー
  • 3位:サイオス ヘアカラークリーム

1位の「ダリヤ サロンドプロ 無香料 ヘアカラー早染めクリーム(白髪用)」は、しっかり色が入りやすい上に色持ちも良い点で人気です。

2位の「ブローネ 泡カラー」は明るく自然な仕上がりが高評価で、髪や頭皮をいたわる成分が含まれています。

3位の「サイオス ヘアカラークリーム」は馴染ませやすいクリームタイプで、美髪ケアに良いアミノ酸が配合されている点でもおすすめです。

ちらほら白髪におすすめのマスカラは?

  • セザンヌ ヘアケアマスカラ
  • サロンドプロ カラーオンリタッチ 白髪かくしEX
  • 式部染めヘアマスカラ

セザンヌヘアケアマスカラは1,000円以内で購入できるので、コスパがとってもいいアイテムです。

式部染ヘアマスカラは植物由来の染料を使用してるので、成分に拘った製品を使用したい方におすすめです。

>白髪隠しおすすめランキング

ちらほら白髪はどうするのが良いの?

  • 全体的に少し明るい髪色に染める
  • 地毛に合わせた髪色で白髪染めをする
  • 明るめのハイライトを入れる
  • 白髪だけをピックアップして染める

いっそのこと全体的に白髪並みに明るい髪色にしたり、地毛に合わせて白髪染めをしたりするのも有りです。

お洒落感を出すなら明るめのハイライトを入れる方法、地毛の雰囲気を大事にするなら白髪だけを染める方法をおすすめします。

ちらほら白髪染めのおすすめランキングが知りたい!

  • 1位:マイナチュレ カラートリートメント
  • 2位:クレイエンス クレイスパカラートリートメント
  • 3位:KAMIKA 白髪染めカラートリートメント

1位の「マイナチュレ カラートリートメント」は色落ちを防ぐ成分が含まれていて、一度染めたカラーが長持ちしやすい点で評価が高い白髪染めです。

2位の「クレイエンス クレイスパカラートリートメント」は白髪を染めながら、頭皮ケアも両立できて髪や頭皮へのダメージが心配な方に人気があります。

3位の「KAMIKA 白髪染めカラートリートメント」は白髪ケアに良い成分も含まれていて、これ以上白髪を増やしたくない方におすすめです。

ちらほら白髪をセルフケアする場合のおすすめアイテムは?

白髪が少ない場合は、脱色剤を使用しないカラートリートメントがおすすめです。

白髪染めとしての効果はもちろん、頭皮ケア成分や補修成分が含まれていてツヤやハリのある美しい髪に仕上がる点でも人気があります。

白髪も染まるオシャレ染めの市販おすすめランキングが気になる!

  • カラリス
  • ルシードエル ミルクジャムヘアカラー
  • パルティ カラーリングミルク ヘアカラー

カラリスはヘアカラー診断で自分にあった色味を選択でき、髪質・髪の悩みによって自分にあった薬剤を処方してくれます。

また白髪の量もカウンセリングしてもらえるので、自宅でサロンで染めたような仕上がりを楽しめます。

>白髪も染まるオシャレ染めランキング

ちらほら白髪におすすめの市販ヘアカラーランキングが気になる!

  • 1位:ホーユー シエロ デザイニングカラー
  • 2位:サイオス カラージェニック ミルキーヘアカラー
  • 3位:ロレアルパリ エクセランス クリームタイプ

1位の「ホーユー シエロ デザイニングカラー」は質感カラー処方で、白髪も黒髪も綺麗に染まる点で高評価です。

2位の「サイオス カラージェニック ミルキーヘアカラー」はプロのスタイリストが開発した商品で、黒髪を鮮やかに艷やかに染め上げることができます。

3位の「ロレアルパリエクセレンスクリームタイプ」はヘアケア成分が豊富で、髪をしっかり染め上げながらダメージ毛のケアもできておすすめです。

白髪も染まるヘアカラーおすすめランキングが知りたい!

  • COLORIS(カラリス)
  • ルシードエルミルクジャムヘアカラー
  • パルティカラーリングミルクヘアカラー

カラリスはパーソナライズで自分にぴったりのカラー剤を処方してくれます。

白髪の量もカウンセリングしてもらえるので、ヘアカラーのような色合いに仕上げたい方にもおすすめです。

>白髪も染まるオシャレ染めのおすすめ

ちらほら白髪に悩んでいる30代におすすめの解決法は?

  • 全体的に明るい色に染める
  • 白髪だけをすくって染める
  • ハイライトで白髪をぼかす
  • 地毛に合わせて白髪染めをする
  • 白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーを使う

いっそのこと全体を染めてしまうのも良いですし、白髪だけを染めたり、ハイライトで白髪をぼかしたりするのもおすすめです。

頭皮や髪への負担が気になる方は、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなどダメージの少ないアイテムを使用する方法もあります。

ちらほら白髪におすすめのカラートリートメントは?アッシュはどうなの?

アッシュ系のカラートリートメントは赤みをほとんど含まず、比較的白髪に馴染みやすい色です。

赤みが出やすい髪質の方や硬い毛質の方、髪がペタッとしやすい方だと地毛に馴染みやすくてナチュラルに仕上がります。

ちらほら白髪をそのままにするのはどうなの?

ちらほら白髪をそのまま放置すると、年齢よりも老けて見られることがあります。

白髪はボサボサ感も出やすいので、髪そのものをサラサラ感やツヤ感が出るようケアをするのがおすすめです。

女性の場合は肌をしっかりケアしてメイクをを決めると、全体的に若々しく見せることもできます。

まとめ:ちらほら白髪はどうする?9つの対処方&対策を美容師が徹底解説

ちらほら白髪はどうする?9つの対処方&対策を美容師が徹底解説のまとめ

今回は、ちらほら白髪の対処法や対策について解説しました。

美容師おすすめのちらほら白髪対策
  • ヘアカラー(おしゃれ染め)で明るい髪色に染める
  • ハイライトで白髪をぼかす
  • 白髪だけを白髪染めする
  • 数本だけなら根元から切る
  • 白髪対策できるシャンプーを使う
  • 白髪染めカラートリートメント・白髪染めシャンプーを使う
  • ヘアマニキュアをする
  • ヘナカラーをする
  • 白髪隠しで一時的に隠す
  • 染めずに白髪を活かしたグレイヘアスタイルを楽しむ

1回の対策で髪色を長持ちさせたいなら、白髪染め(染毛剤)を使用するのがおすすめ。

ただし白髪染め(染毛剤)は頭皮に負担になりやすいので、ダメージが心配な方は白髪染めカラートリートメントやシャンプー・ヘアマニキュアなどを使うようにしましょう。

ちらほら白髪が数本だけなら白髪のみを染める方法や、これ以上白髪を増やさないように白髪対策できるシャンプーを使用するなど対策もありますよ。

また白髪を隠さずにぼかす対処では、おしゃれ染めやハイライトで染める・白髪を活かしてグレイヘアを楽しむ方法も人気です。

ご自分のちらほら白髪の量・生活スタイルにあわせて、ぴったりの対処法で美しいヘアスタイルを手に入れてくださいね!

<参考にした情報>

著者情報

白髪染め専門美容室ソマリは株式会社AWAの運営する三重県津市の白髪染め専門美容室です。来店が難しいお客様が、ご自宅でも美容室での白髪染めを再現頂けるように白髪ケア情報を発信しています。ソマリスタッフ長崎弘幸)が白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント・白髪染めなどを正直にレビュー評価し、自宅ケアに最適な白髪染め商品を提案します。

  • 記事内容を事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
目次