サロン情報
白髪向け製品検索
お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8885-0769

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILinfo@a-w-a.co.jp

LINEで白髪相談

【ヘナ染め】ヘナカラーとは?ヘナで白髪染めするデメリットや効果を美容室が解説

ヘナとはインド等で自生するハーブ。ヘナカラーはヘナのローソンという色素を利用して毛染めをすることを指します。

髪に自然な発色とツヤを与えることで昔から人気が絶えない染め方のひとつ。「自然由来の色素で染めるため安心」という理由から白髪染めにヘナを選択する方は現在でも多くいらっしゃいます。

ヘナについて解説

この記事では、ヘナカラーとはどんな毛染めなのか、メリット・デメリットについて解説しています。

ヘナカラーと一般的な白髪染め・ヘアカラーとの違いや、ヘナカラーで白髪染めをする際の注意点・染め方まで詳しく紹介するので参考にしてください。

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

監修者は商品の推薦ではなく「検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。

著者

白髪染め専門美容室ソマリ

美容室ソマリ

三重県津市の白髪染めを専門とした美容室。実際に来店されるのが難しい地域外の方に向けて白髪染めや白髪ケアに関する情報を発信していきます。

白髪染め専門美容室ソマリは、三重県津市の許認可を受けたヘアサロンです。すべてのコンテンツは景品表示法薬機法に依拠し、コンテンツ制作ポリシーに則り制作したものを、美容室スタッフが監修及び精査し公開しています。

目次

ヘナカラーとは?ヘナ染めの効果について解説

ヘナカラーとは?ヘナ染めの効果について解説

ヘナカラー(ヘナ染め)とは、ヘナという植物を主成分とした髪の染料のことを指します。

ヘナは自然由来の成分で、髪を染めるだけでなく髪と頭皮を保護する役割も持っています。

インドのアーユルヴェーダでは古くから薬草として用いられてきたハーブです。

ヘナ染め(ヘナカラー)の効果

ヘナ染め(ヘナカラー)の効果
ヘナカラー(ヘナ染め)の効果
  • 髪へのダメージがない
  • 刺激が少ない
  • 抗菌性があり、頭皮の健康を保つ助けになる
  • 髪のツヤやコンディションを改善する効果がある

まず1番のメリットは、化学染料に比べて髪へのダメージが少ない点が挙げられます。

化学染料は髪の表面を剥がして染料を浸透させるのに対して、ヘナカラーは髪の表面をコーティングする形で色を付けるため、髪のダメージを最小限に抑えられるんです。

さらにヘナは自然由来の成分であるため、アレルギーや刺激が少ないという特徴も。

敏感肌やアレルギー体質の人でも使いやすいですね。

またヘナカラーには抗菌性があり、頭皮の健康を保つ助けになります。

頭皮のトラブルを抑えながら、髪に自然な色味を与えることも可能なんです!

その他にも、ヘナは髪のツヤやコンディションを与えてくれます。

ヘナに含まれるタンニンという成分が髪に働きかけ、健康な髪へと導いてくれます。

参考にしたサイト
ヘナ(ローソン)による毛髪の保護効果

ヘナカラーと白髪染め・ヘアカラーの違い

ヘナカラーと白髪染め・ヘアカラーの違い

ヘナカラーは天然成分ヘナを使用し、髪をコーティングする形で色をつけるため、髪へのダメージが少ないのが特徴。

一方、一般的な白髪染めやヘアカラーは化学成分により髪の内部に色素を浸透させ、多彩な色への変更が可能ですが、髪へのダメージが大きい傾向があります。

ヘナカラー
白髪染め・ヘアカラー
  • 髪へのダメージが少ない
  • 天然色素で髪を保護しながら優しく染める
  • ヘナの持つ赤みや茶色が基調となり、限られたカラーになる
  • 自然な仕上がりになるが一度で明るい色にはならない
  • 染めるのに時間がかかる
  • 色落ちが少なく色の持続性が良い
  • ダメージが少ないので特別なアフターケアが必要ない
  • 髪へのダメージが大きい
  • 化学成分で髪を染める
  • 多彩な色のバリエーションから選べる
  • 鮮やかで均一な色合いになる
  • 色にもよるが、ヘナカラーよりも短時間で済む場合が多い
  • 鮮やかな色であればあるほど色落ちしやすく持続性が悪い
  • 強いダメージを受けるのでトリートメントや保湿などのアフターケアが必要

ヘナカラーと白髪染め・ヘアカラーの違いについて、詳しく解説していきます!

ヘナカラーと白髪染め・ヘアカラーの違いは?

成分

ヘナと白髪染めの成分の違い

ヘナカラーの主成分としてヘナという天然植物を使用しています。

ヘナは髪を保護する効果もあり、成分も安心である一方で色のバリエーションが限られることも。

対して、一般的な白髪染めやヘアカラーは、アミノフェノールやフェニレンジアミンなどの化学成分を使用して髪の内部に色素を浸透させます。

これにより豊富な色彩を表現できますが、頻繁な使用は髪や頭皮にダメージを与えてしまうんです。

>ノンジアミン(ジアミンフリー)の市販の白髪染め

色のバリエーション

ヘナと白髪染めの色味の違い

ヘナカラーは自然由来の染料であり、バリエーションは基本的にヘナの持つ赤みや茶色などがあります。

ヘナ白髪染めの色味の種類
  • 赤味ブラウン
  • オレンジ
  • 茶色

白髪の部分がオレンジっぽく染まるので、白髪の量が多いとオレンジ味がかった色合いに染まります。

一方、化学成分を使用した白髪染めやヘアカラーは、さまざまな色素を組み合わせます。

そのため明るい色・暗い色・冷たい色調・暖かい色調まで、多彩な色のバリエーションを提供することが可能です。

ただし、その分髪へのダメージは大きくなるのがデメリットです。

染まり具合

ヘナと白髪染めの染まり具合の違い

ヘナカラーの染まり具合は使用方法や髪の状態によっても異なります。

ヘナカラーは髪の表面をコーティングする形で色をつけるため、髪の元の色や質感により結果が左右され、自然な仕上がりとなります。

ヘナの特徴
  • 明るい髪の方が染料の色が鮮やか
  • ヘナの品質でも染まり具合が変わる
  • 放置時間で染まり具合が変わる
  • ヘナを温めてから髪に塗布すると、染色効果が強まる
  • 髪質・髪の状態でも染まり具合が変わる

ヘナで白髪を染めた場合、元が暗い髪よりも明るい髪の方が染料の色が鮮やかに現れ、髪に長時間塗布しておくことで、より深い色に。

また髪質でもヘナの染まり具合は変化し、ダメージを受けた髪は色素を吸収する可能性が高く、色が濃くなる傾向にあります。

対して、白髪染めやヘアカラーは化学成分により髪の内部に直接色素を浸透させるため、ダメージが強いかわりに鮮やかで均一な色への染まりやすさが特徴です。

染める時間

ヘナの染める時間

ヘナカラーは自然由来の染料であり、色を浸透させるためには通常数時間を要します。

ヘナで白髪を染める際の放置時間は所望の色合いや髪の元の色、髪の状態などに変化するんです。

髪質放置時間
猫っ毛40分程度
剛毛45分
*放置時間は目安です

時間をかけてじっくりと髪を染める必要があります。

ヘナカラーで白髪染めをした時は最大で3時間程度が目安です。

またヘナは一度に全ての白髪を染めることが難しいことがあるため、完全に白髪をカバーするためには数回の処理が必要になることもあります。

一方で、化学成分を利用した白髪染めやヘアカラーは、髪の内部に迅速に色素を浸透させることが可能なため、染めるための時間は比較的短いです。

持続性

ヘナカラーの持続性

ヘナカラーは、髪の表面をコーティングする形で色をつけるのが特徴です。

そのため色落ちが少なく、持続性が高いとされています。

しかし、一度の染色で明るい色にすることは難しく、定期的に染め直す必要があります。

ヘナで白髪染めした時の持続性
  • 高品質のヘナは、より長持ちする傾向がある
  • ヘナを髪に長く残すほど色素が浸透し、色がより長持ちする
  • ダメージを受けた髪や乾燥した髪は色を長持ちさせる傾向がある
  • ヘアケアの方法もヘナの持続性に影響する
  • ヘナで髪を染めることを繰り返すと色も長持ちする

一方、化学成分を用いた白髪染めやヘアカラーは色の浸透力が強く、一度の染色で鮮やかな色を実現できますが、洗髪や紫外線の影響で色落ちが進みやすい傾向があります。

アフターケア

ヘナカラーのafterケア

ヘナカラーは自然由来の成分で髪を保護する効果があるため、特別なアフターケアは必要ありません。

ただし色落ちを防ぐために、頻繁な洗髪は避けることをおすすめします。

対して、化学成分を使用した白髪染めやヘアカラーは髪にダメージを与える可能性があるため、定期的なトリートメントや保湿ケアが必要です。

また、色の持続性を保つためには、色落ちを防ぐ特別なシャンプーやコンディショナーの使用が推奨されます。

ヘナカラー白髪染めをするデメリットとは?注意点について解説

ヘナカラー白髪染めをするデメリットとは?注意点について解説

ヘナカラーで白髪染めをするデメリットや注意点を解説していきます。

ヘナカラーは髪への負担を少なく染められることがメリットですが、自然由来の染料なので色のバリエーションが限られ、特に明るい色に染めるのは難しいです。

ヘナカラーのデメリットをすべて知ったうえで使いたいという方は、参考にしてみてくださいね。

色味の限定性

ヘナカラーの色見本

ヘナカラーは天然の染料で、その色味は基本的にヘナの持つ茶色や赤みが主となります。

これは、ヘナ自体が持つ色素に依存しているためで、化学的な操作による色の調節が難しいという制約があります。

そのため、明るい色や特定の色調への白髪染めを希望する場合、ヘナカラーだけでは限定的な色味しか得られないというデメリットがあります。

また、髪の色や白髪の割合によっては、染色後の色味が予想と異なることもあります。

染まりにくさ

ヘナカラーの染まりにくさ

ヘナカラー白髪に対する染まりの強さが一般的な化学染料に比べて弱いというデメリットがあります。

白髪は元々の色素が失われているため、ヘナカラーのようなコーティング型の染料では満足な結果が得られない場合があります。

特に白髪が多い場合や、髪が硬い場合には、ヘナカラーだけでは十分なカバー力を得るのが難しいと言えます。

染める時間が長い

ヘナカラーの放置時間

ヘナカラーは自然由来の染料で、その染色作用はゆっくりと進行します。

一般的には数時間から半日程度を要することが多く、その間はヘナを髪に塗布した状態で待つ必要があります。

また、色が均一になるように髪全体にヘナを塗布し続けるには一定の手間と技術が必要となります。

そのため、時間の制約や手間を考えると、ヘナカラーの使用は一部の人にとっては大きなデメリットとなり得ます。

持続性が短い

ヘナカラーは持続性が低い

ヘナによる白髪染めは、その天然由来の特性から、連続使用をしていかないと、色の持続性が短いというデメリットがあります。

ヘナの色素は髪に深く浸透しにくく、その結果として洗髪によって色が褪せやすいのです。

また、理想的な白髪カバーには数回にわたるヘナの使用が必要となること、そして髪のダメージ状態が色持ちに影響を与えることも忘れてはなりません。

染めた後のケア

ヘナカラーで染めた後のケア

ヘナカラー白髪染め後のケアの注意点について、以下のポイントが重要となっています。

染めた後のケアのポイント
  • ヘナで染めた後48時間は髪を洗わないようにする
  • 髪を洗う時はマイルドな洗浄力のシャンプーを使用する
  • 定期的にトリートメントやヘアマスクで髪を保湿する
  • 直射日光や過度な熱から髪を守るようにする

ヘナで白髪を染めた後のケアは、色持ちを長くするために非常に重要です。

まず、ヘナ染め後は最低でも48時間は髪を洗わないことで、色素がしっかりと髪に定着します。

洗髪する際にはマイルドなシャンプーを選び、定期的に髪の保湿ケアを行うことも大切です。

さらに、強い日差しや熱によるダメージを避けることで、ヘナカラーを長持ちさせることができます。

独特の匂い

ヘナ独特の草のようなにおい

ヘナカラー白髪染めは、その独特の香りで一部のユーザーから敬遠されることがあります。

ヘナの香りは一般的には土や茶葉、乾燥草などのような香りと形容され、個々の感じ方によって好みは分かれるかもしれません。

ヘナの匂いは、ヘナを混ぜる液体や他の天然成分を加えることで多少軽減することが可能です。

例えばヘナにエッセンシャルオイルを加えると、その香りが和らぎます。

また、ヘナを髪から洗い流した後も、乾燥するまでの間に匂いが残ることがありますが、髪が完全に乾くとほとんどの匂いは消えます。

しかし、初めてヘナを使用する人は、その特有の香りに対してある程度の覚悟が必要かもしれません。

ヘナカラーの副作用は?安全性も解説

ヘナカラーは天然由来の成分で作られ、化学染料に含まれる有害な成分が含まれていないので、皮膚や髪に優しい染料として知られています。

ただし個々の皮膚の敏感性により、アレルギー反応を引き起こす可能性があるため、初めて使用する際は必ずパッチテストを行うようにしましょう。

ヘナカラーの安全性について、詳しく解説していきます!

ヘナカラーの安全性は?
  • アレルギー反応
  • 頭皮の乾燥・刺激
  • 髪質の変化
  • 不均一な発色

アレルギー反応

ヘナカラーは天然成分から作られているため、一般的には安全とされていますが、稀にアレルギー反応を引き起こすことがあります。

これは、皮膚がヘナの成分に対して過敏反応を示す結果として起こります。

ヘナによるアレルギー反応は、かゆみ、発疹、赤み、腫れなどの形で現れることがあります。

重度の反応では全身的な症状も起こる可能性があるため、初めてヘナを使用する際にはパッチテストを行うことが重要です。

頭皮の乾燥・刺激

ヘナカラーは一般的には頭皮に刺激を与えず、比較的穏やかな染め方とされています。

ただし、人によっては頭皮の過敏な反応を引き起こすことがあります。

また、ヘナは髪や頭皮の天然の油分を取り除く傾向があるため、頭皮の乾燥を引き起こす可能性も。

適切な保湿ケアを行うことで、頭皮の健康を維持することが重要です。

髪質の変化

ヘナカラーは髪質に対していくつかの変化をもたらすことがあります。

ヘナは髪に保護膜を形成し髪をコーティングするため、一時的に髪がより厚くしっかりとした質感になることがあります。

また、ヘナは髪に自然な輝きやツヤを与えることも特徴です。

髪のボリュームアップを目指している方や、ハリコシ・ツヤを出したい方にはヘナカラーが適していると言えるでしょう。

不均一な発色

ヘナカラーは髪の状態や白髪の程度によって、均一な発色を得ることが難しい場合があります。

特に白髪部分はヘナの染料が髪の内部に浸透しにくいため、技術がないと不均一な色合いになってしまうことも。

また、個々の髪の色や質感によっても異なる結果が生じることがあります。

ヘナカラーで白髪染めする時の注意点

ヘナカラーで白髪染めをする際には、以下の注意点に留意する必要があります。

ヘナカラーで白髪染めする時の注意点
  • 白髪を完全に染める場合は定期的に染める必要がある
  • 髪がダメージを受けている場合は染まり具合に影響が出る場合がある
  • 初めてヘナカラーを行う際はパッチテストを行う必要がある
  • 染める前の洗髪ではシャンプーやコンディショナーを使用しない

まず、ヘナカラーのみで白髪を完全に染めるには複数回の使用が必要です。

白髪染めの効果を持続させるために、定期的なメンテナンスも重要なポイント。

また、髪がダメージを受けている場合や乾燥している場合は、染まりや持続性に影響を与える可能性があります。髪の健康状態を確認し、適切なケアを行いましょう。

初めて使用する場合はパッチテストを行い、アレルギー反応のリスクを事前に確認しましょう。

さらにヘナカラーを施す前に髪を洗う必要がありますが、染まりを向上させるためにシャンプーやコンディショナーを使用しないことが推奨されます。

ヘナカラーで白髪染め!美容室・セルフでの染め方を解説

実際にヘナカラーで白髪染めをしたい場合、美容室・セルフでの染め方はどのように違うのか解説していきます。

ヘナカラーで白髪染めする方法

美容室でヘナカラーする時の流れ

美容室でのヘナカラー白髪染めでは、美容師のカウンセリングと施術が重要です。

特にヘナカラーを初めて行う場合は、まず美容室で染めてみることをおすすめします!

近くのヘナカラーができる美容室を探す

近くのヘナカラーができる美容室を探す方法には以下の手段があります。

  • インターネット検索
  • 口コミサイトや美容情報サイトの利用
  • 美容雑誌や広告をチェック
  • 友人や知人の紹介

これらの方法を組み合わせて、近くのヘナカラーができる美容室を探しましょう。

また、美容室に問い合わせる際には、事前にヘナカラーの施術についての詳細や料金、予約の可否などを確認することも忘れずに行ってください。

美容室でヘナカラーをする手順を解説

美容室でのヘナカラーの流れは以下の通りです。

美容室でのヘナカラーの流れ
  • 美容師とのカウンセリング
  • 髪の準備
  • ヘナカラーの施術
  • 時間の経過
  • 洗い流しと仕上げ

まず美容師とのカウンセリングで、希望のカラー、白髪の状態、髪の質などを共有しましょう。美容師はそれに基づいて適切なヘナの色合いや処理方法を提案します。

髪を洗髪し施術を行った後は、ヘナカラーが髪に浸透し発色するまで一定の時間を待ちます。

ヘナを洗い流した後は、必要に応じてシャンプーやコンディショナーを使用して仕上げます。

美容師の専門知識と技術により、より効果的な白髪染めを実現することができますよ。

ヘナカラーの値段の相場・施術時間など

ヘナカラーの値段は美容室や地域によって異なりますが、一般的に他のカラーリングと比べてやや高めの価格設定です。

施術時間は髪の状態や白髪の量によって異なり、通常は2〜4時間程度かかることも。

ヘナの染まりや発色には時間を要するため、じっくりとした施術が必要となっています。

美容室でヘナカラーをした方はどんな口コミがあるかも解説

美容室でヘナカラーを受けた方々の口コミは様々ですが、一般的な評価としては以下のような特徴が挙げられます。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 天然成分で染めるので発色が自然
  • 髪のツヤが実現できる
  • 髪にハリコシを与えるので健康的に見え、若々しく見られる
  • 髪がサラサラになって頭皮のトラブルが改善された
  • 1度でしっかり染まった
  • 1度ではしっかり染まらなかった
  • 施術時間が長い
  • 料金がやや高い

一般的な評価としては、自然な発色や髪の輝きが評価されています。

また、髪と頭皮への優しさが感じられ、髪がサラサラになったり頭皮のトラブルが改善されたという声も!

白髪染めに関しては個人差があり、染まりや持続性についての評価は分かれているようでした。

施術時間や料金については、他のカラーリングと比べて時間がかかりやや高めとされることが多いため、時間や費用についてはマイナスととらえる声もあるようです。

ヘナカラーを自宅でセルフを染める方法

自宅でのセルフヘナカラーの方法は以下の通りです。

ヘナカラーを自宅でセルフを染める方法
  • ヘナパウダー、液体(通常は水またはレモンジュース)、ボウル、ブラシ、クリップ、手袋、エプロンなどの材料を用意
  • ボウルにヘナパウダーを入れ、少量の液体を加えながら混ぜてペースト状にする
  • 髪を洗浄し、ドライヤーなどで完全に乾かす
  • 必要に応じて前髪や耳周りをクリップで留めておく
  • 手袋を着用し、ブラシや手でヘナのペーストを髪の根元から毛先にかけて均等に塗布する
  • ヘナを髪につけたまま、指示に従って放置
  • 髪を水で洗い流し、必要に応じてシャンプーやコンディショナーを使用する

注意: パッチテストを事前に行い、作業用手袋やエプロンを着用してください。また、使用するヘナパウダーのパッケージや指示に従って正確な手順を守りましょう。

ヘナカラー・ヘナ染めの施術例

before
after
スクロールできます
来店時の髪・白髪のお悩みぺたんこになってハリのない髪。トップにボリュームが出づらく、毎月白髪も気になっていた。
施術メニューソマリオリジナル白髪染め(ヘナカラー)+カット

ヘナ2 : インディゴ3の割合でミックスすることにより赤みが抑えられ、アッシュ系のような淡い色合いで白髪を染めることができました。

また、ぺたんこになりやすい細毛でしたがヘナのコーティングにより、根元からふんわり弾力を取り戻せました。

>ヘナカラーの施術例をもっと見る

Q&A:ヘナカラーについてよくある質問

若者がヘナ染めを続ける場合、どのような効果が期待できますか?
また、美容師にとっての課題や注意点は何ですか?

ヘナ染めを続けると髪が健康的に染まり、若者にも人気がありますが、美容師はヘナで染めた髪のカラーリングで発色が予測しにくいという課題があります。

ドラッグストアで購入できる、おすすめの市販ヘナカラー製品は何ですか?

ドラッグストアで購入できるおすすめの市販ヘナカラー製品は、以下のようなものが挙げられます。

  • インディゴヘナカラー: 白髪を自然に染める効果があり、髪にも優しい成分が含まれています。
  • ラディアントオーガニックヘナ: 100%オーガニック成分で、髪や頭皮に優しい白髪染めが可能です。
  • ナチュラルヘナカラートリートメント: 植物由来の成分で髪を染めながら、同時にトリートメント効果も期待できます。

これらの市販ヘナカラー製品は、白髪染めに効果的でありながら、髪へのダメージを最小限に抑えることができます。ランキングや口コミを参考に、自分に適した製品を選んでください。

ヘナトリートメントの効果は何ですか?

ヘナトリートメントは、髪に潤いやツヤを与え、ダメージを補修する効果があり、髪の健康を維持・向上させます。

ヘナ染めを続けるとどのような効果がありますか?

ヘナ染めを続けると頭皮の環境を整えながら、髪のハリコシもアップ。

髪色が自然に染まり、トリートメント効果も得られます。

美容師にとって、ヘナ染めが「泣かせる」理由は何ですか?

美容師にとって、ヘナ染めが泣かせる理由は、ヘナで染めた髪のカラーリングが予測しにくく、発色が不安定になることです。

ヘナで染めた髪のカラーリングにはどのような注意点がありますか?

ヘナで染めた髪のカラーリングでは、発色が予測しにくいため、美容師と相談し、適切な施術方法を選択することが重要です。

ヘナ染めを1年間続けた人の経験はどのようなものですか?

1年間ヘナ染めを続けた人は、髪の健康状態が改善される一方で、発色が徐々に変化し、手入れが重要になります。

ヘナ染めの末路とはどのような状態を指しますか?

ヘナ染めの末路とは、適切なケアが行われない場合に髪のダメージが進行し、発色が不安定になる状態を指します。

ヘナ染めをやめた場合、どのような変化が起こりますか?

ヘナ染めをやめると、髪のトリートメント効果がなくなり、他の染料に切り替える際に発色が変わる可能性があります。

まとめ:ヘナカラーとは?ヘナで白髪染めするデメリットやメリットを美容師が解説

今回は、ヘナカラーで白髪染めをするメリットやデメリットについて解説いたしました。

白髪染めにおいてヘナカラーは天然成分を使用する安全な選択肢ですが、染まりの持続性や白髪の完全なカバーについては注意点があることもわかりましたね。

メリット
デメリット
  • 天然色素で染めるので髪や頭皮に優しくダメージが少ない
  • 発色が自然で、違和感なく白髪を染められる
  • 髪にツヤ・ハリコシを与える
  • 髪のボリュームアップが叶う
  • 髪に保護膜を形成しサラサラな手触りになる
  • 頭皮を健やかな状態に保つことができる
  • 染まるまで時間がかかる
  • 普通の白髪染めよりも価格が高い
  • 色のバリエーションが少ない
  • 染まりが不均一になることがある
  • アレルギー反応を起こす人もいる

髪に自然な発色とツヤを与えることで人気のヘナカラーですが、自然由来の成分のため初めて使用する際は必ずパッチテストを行うよう注意が必要です。

色のバリエーションが少ないなどのデメリットもありますが、ヘナを取り扱っている美容室ではカラー展開を広げているところもあるので是非チェックしてみてくださいね。

<参考にした情報>

著者情報

白髪染め専門美容室ソマリは株式会社AWAの運営する三重県津市の白髪染め専門美容室です。来店が難しいお客様が、ご自宅でも美容室での白髪染めを再現頂けるように白髪ケア情報を発信しています。ソマリスタッフ長崎弘幸)が白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント・白髪染めなどを正直にレビュー評価し、自宅ケアに最適な白髪染め商品を提案します。

  • 記事内容を事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
目次