サロンメニュー
白髪向け製品検索
お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8885-0769

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILinfo@a-w-a.co.jp

運営会社
LINEで白髪相談

グレイカラーとは?白髪染めとの違いを解説

グレイカラーとは?白髪染めとの違いを解説

グレイカラーとは?」「白髪染めと何が違う?」という疑問を解決していきます。

グレイカラーとは?
  • グレイカラーとは?
    • 美容院の白髪染めのこと
  • グレイカラーのデメリット
    • カラーチェンジが難しい
    • 赤みが出やすい
    • 時間とお金がかかる
  • グレイカラーをするメリット
    • 自分に合った薬剤で染められる
    • 似合うカラーを提案してくれる

美容院で行うグレイカラーは、自分にあう薬剤を使い希望の髪色を叶えてくれるのが特徴。

市販の白髪染めとは色持ちやダメージ、染毛力など異なる点が多くあるので記事内で詳しく解説します。

この記事を読んでわかること

グレイカラーと白髪染めの違いを詳しく知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

監修者は商品の推薦ではなく「検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。

著者

白髪染め専門美容室ソマリ

美容室ソマリ

三重県津市の白髪染めを専門とした美容室。実際に来店されるのが難しい地域外の方に向けて白髪染めや白髪ケアに関する情報を発信していきます。

白髪染め専門美容室ソマリは、三重県津市の許認可を受けたヘアサロンです。すべてのコンテンツは景品表示法薬機法に依拠し、コンテンツ制作ポリシーに則り制作したものを、美容室スタッフが監修及び精査し公開しています。

目次

グレイカラーとは美容院で行う白髪染めのこと

美容室の店舗

グレイカラーとは美容院で行う白髪染めのことで、一般的な白髪染めと意味は同じです。

グレイカラーの特徴
  • ベースは濃いブラウン
  • 弱アルカリ性~アルカリ性
  • 医薬部外品
  • 髪質に合わせたカラー剤

白髪をしっかり染めるため、濃いブラウンなどがベースに使われています。

髪質や白髪量に合わせてカラー剤を調合してくれるのも、グレイカラーの特徴です。

髪質・白髪量カラーの調合例・おすすめ薬剤
硬い・太いアルカリ剤と脱色剤を
多くする
柔らかい・細いアルカリ剤と脱色剤を
少なくする
ダメージ毛弱アルカリ性
オーガニックの白髪染め
白髪が多い濃い染料を使う
白髪が少ないファッションカラーと
白髪染めを混ぜる

上記のように髪に合った薬剤で染めることで頭皮や髪への負担をなるべく抑え、理想の仕上がりを目指します。

グレイカラーは「理想の髪色を叶えたい」「頭皮や髪に余分なダメージを与えたくない」という方におすすめです。

グレイカラーのリタッチは根元の白髪染め

白染めのリタッチ

グレイカラーのリタッチとは、美容院で行う根元の白髪染めのこと

新しく生えてきた白髪のみを染め、髪全体のカラーを均一にします。

根元のリタッチはセルフだと、染まりムラになったり明るくなりすぎたりと難しいです。

一方、美容院なら現在の髪色に合わせてにリタッチでき、均一で自然な髪色に仕上がります

グレイカラーと市販の白髪染めの違い

白髪染めの商品パッケージと染毛効果検証

グレイカラーと市販の白髪染めは、染毛力やダメージなど主に4つの違いがあります。

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

グレイカラーと市販の白髪染めの違い

色持ち

白髪を染めた髪

色持ちが良いのは、グレイカラーです。

色持ちの違い
  • グレイカラー:1~2ヶ月
  • 市販の白髪染め:数週間~1ヶ月

グレイカラーは濃い染料を使用し髪内部に色が残りやすいので、市販の白髪染めよりも1〜2ヶ月ほど長く色をキープできます。

色持ちの良いグレイカラーは「染めた髪色を長くキープしたい」「フルカラーする頻度を減らしたい」という方に最適です。

色持ちがいい市販の白髪染めの特徴
  • ケア成分が入っている
  • ダークブラウンなど暗い色

市販品でも、ブラウンベースの暗い色なら髪への定着力が高く色持ちをアップできます

また、キューティクルを保湿することで染料の流出を抑えられるので、ケア成分が入ったものを選んでみてください。

ダメージ

ダメージの少ない髪

髪質にあった調合をしてもらえるグレイカラーは、市販の白髪染めよりもダメージを軽減できます。

薬剤の違い
  • グレイカラー
    • 弱アルカリ性~アルカリ性
  • 市販の白髪染め
    • アルカリ性

市販の白髪染めはどんな髪質でもしっかり染まるように、アルカリの強い薬剤が使われているのが一般的です。

アルカリ性に傾くとキューティクルが開き、髪内部の栄養や水分が流れ出るため髪の大きな負担に・・。

一方、グレイカラーは髪質に合わせて弱アルカリ性~アルカリ性を調節できるので、髪や頭皮への負担を抑えて染められます

アルカリ剤の量を調節
ダメージを軽減できる市販の白髪染めの特徴
  • クリームタイプの白髪染め
  • 地毛に近い暗い色
  • 脱色剤フリーの白髪染め

ダメージを抑えて市販の白髪染めで染めたい方は、硬めのクリームタイプがおすすめです。

新しく生えた白髪のみを狙って染められるので、根元以外には余計なダメージがかかりません。

また脱色剤フリーの白髪染めなら、頭皮や髪への刺激を軽減して染められます。

市販白髪染めで傷まないランキング

染毛力

白髪を染めた髪

染毛力が高いのはグレイカラーです。

グレイカラーの染毛力が高い理由
  • 色素量が多い
  • 髪内部までしっかり染める

グレイカラーはブラウンや灰色などの色素量が多いので、白髪が濃く染まりやすいです。

またアルカリ性~弱アルカリ性の薬剤を使用し、髪内部までしっかり染めます。

市販の白髪染めのように「思ったより染まらなかった」という失敗が少ないです。

白髪を濃く染めたい方は、グレイカラーを試してみましょう。

白髪が染まりやすい市販白髪染め種類
染毛力の高い市販の白髪染めの特徴
  • クリームタイプの白髪染め
  • トーンの低い白髪染め

市販の白髪染めでしっかり染めたい方は、硬めテクスチャのクリームタイプがおすすめです。

髪1本1本にカラー剤が密着するので、濃く染まります。

またトーンが低いほど染料が多く白髪への着色力が高いため、染毛力を重視するなら地毛に近い明るさを選びましょう。

色の種類

市販の白髪染めよりもグレイカラーは色の種類が豊富で、約50色から選べます。

種類色展開
市販の白髪染め7〜8種類
グレイカラー約50種類

市販の白髪染めはダークブラウンやブラックなど、無難な色が多いです。

一方、グレイカラーはピンク系からアッシュ系まで幅広くそろっています。

グレイカラーの色展開
  • アッシュブラウン
  • グレージュ
  • ピンクブラウン
  • ベージュ など

また、色味を混ぜ合わせることで自分好みに調整でき、理想の髪色が叶いやすいです。

美容院のグレイカラーのデメリット

白髪が気になる髪

グレイカラーは、白髪を染めるための染料の濃さがデメリットになることも・・。

デメリットも詳しく解説していきます。

白髪染めしない方がいい?髪が痛む?

ヘアカラーのように明るい髪には染められない

ヘアカラーの髪色レベル

グレイカラーは濃い染料を使用しているため、ヘアカラーのように白髪を明るく染められません

白髪は黒髪よりも染まりづらく、濃い染料が必要です。

ヘアカラーと比較した場合の、1番明るいトーンの違いがこちら。

トーンの違いを比較

種類1番明るいトーン
ヘアカラー14トーン
グレイカラー8〜9トーン

ヘアカラーで1番明るいのは14トーンですが、グレイカラーは8〜9トーン程度です。

白髪染めの髪色レベル
グレイカラーの髪色レベル

8〜9トーンの明るさは?
地毛よりも少しだけ明るい暗髪

グレイカラーで明るく染めたい時は、ヘアカラーと併用してみましょう。

ヘアカラーの商品パッケージ
グレイカラーとヘアカラーの併用方法
  • 白髪が気になる部分:グレイカラー
  • 黒髪の部分:ヘアカラー

白髪が気になる部分はグレイカラー、他はヘアカラーで染めると明るめに仕上がります。

明るい白髪染めランキング

白髪も染まるオシャレ染めのおすすめ

カラーチェンジがしづらい

白髪を染めた髪

グレイカラーは、髪に残った色素が邪魔をして次のカラーが入りにくくなるため、カラーチェンジしづらいというデメリットがあります。

ヘアカラーと比べて白髪染めは、染料が濃く髪への定着力が高いからです。

グレイカラーで染めた髪色を変える方法
  • 退色を待つ
    時間がかかる・・
  • ブリーチを使う
    頭皮や髪のダメージが大きい

染めた髪色を変えるには、退色を待つかブリーチを使う必要があります。

グレイカラーは色持ちがいい反面カラーチェンジしづらいので、髪色を変更する予定がないか考えてから行いましょう

ブリーチで白髪は染まる?

赤味が出やすい

赤みが気になる髪

グレイカラーはブラウンの染料が多く配合されているため、色落ちすると赤味が出てしまいます

日本人の黒髪は、メラニン色素が多く赤みを帯びているのが特徴。

ブラウンの染料にも赤が多く含まれているので、染めると赤みが強く出てしまいます

赤味が苦手な人は、反対色である寒色系のカラーで染めるのがおすすめです。

アッシュ系とマット系の色味
赤みを抑える色
  • アッシュ(青)カラー
  • マット(緑)カラー

反対色を入れることで、気になる赤みを打ち消して透明感のある髪色に仕上げてくれます。

時間とコストがかかる

白髪染めのモデル効果検証画像

美容院で染めるグレイカラーは、プロに施術してもらうため時間とコストがかかってしまいます。

時間と価格を比較

染め方価格時間
グレイカラー5,000〜10,000円1時間〜1時間半
(置き時間15~30分)
市販の白髪染め1,000円前後40分〜50分
(置き時間10~20分)

美容院で染める際はカウンセリングを行うので時間がかかりますが、理想の髪色に仕上がりやすいです。

一方、市販の白髪染めは慣れていないと塗布に時間がかかります

置き時間はどちらも同じくらいです。

また、グレイカラーはプロに染めてもらうためコストは高いですが、色ムラなくきれいに仕上がります

「仕上がりのキレイさを優先したい」という方はグレイカラー「安く白髪染めしたい」という方は、市販品がおすすめです。

白髪染めヘアカラー市販のおすすめ

美容院でグレイカラーを行うメリット

白髪が生え始めの髪

グレイカラーには、自分に合った施術をしてもらえるというメリットがあります。

3つのメリットを詳しく解説するので参考にしてみてください。

自分の髪にあった薬剤を調合してくれる

明るく染めた髪

グレイカラーは自分の髪質に合った薬剤を調合してくれるので、理想の仕上がりを目指せます

自分に合った薬剤を調合するメリット
  • 余計なダメージを抑えられる
  • 希望のカラーが叶いやすい
  • 色ムラになりにくい
  • 色落ちまで計算できる

市販の白髪染めは、自分に合わせた調合ではないので「あまり染まらなかった」「ダメージがひどい」という失敗もあります。

ですが、グレイカラーは髪質に合わせてアルカリの強さを調整でき、余計なダメージを抑えて白髪を染めることが可能。

また美容師が色落ち時の髪色まで計算しながら、好みのカラーに仕上げてくれます。

自分にあった髪色を提案してくれる

白髪が生え始めの髪

グレイカラーは美容師が髪質や希望に沿って色味を提案してくれるので、自分にあった髪色に仕上がりやすいです。

自分に合う髪色の提案例
  • 白髪が少なく鮮やかな髪色にしたい人
    • グレイカラーとヘアカラーを併用
  • 年齢による髪のパサつきが気になる人
    • ツヤ感が出るラベンダーを含む白髪染め
  • 髪が細くダメージを受けやすい髪の人
    • 暗い色味の白髪染め

市販の白髪染めは、色選びが難しく「白髪がうまく隠れない」「浮いて見える」という失敗が起こりやすいです。

グレイカラーなら、希望に近づけるために白髪染めとファッションカラーを調合したりと、細かい調整ができます

伸びた白髪部分だけリタッチができる

生え際の白髪が気になる髪

グレイカラーは伸びた白髪部分だけをリタッチでき、髪全体の色を均一に仕上げてくれます。

グレイカラーのリタッチ
  • 現在の髪色と同じカラーで染められる
  • 毛先のダメージを軽減できる

白髪染め後しばらくすると髪全体が色落ちし、リタッチする頃には染めたときの色と違ってしまうことが多いです。

市販の白髪染めから色落ち後の髪色と同じカラーを見つけるのは難しく、セルフではムラになることが多々あります。

グレイカラーのリタッチなら、今の髪色に合わせて薬剤を調合してくれるので、毛先と根元で色ムラなく自然にカバーできます

グレイカラーの色見本やおすすめのトレンドカラーを紹介

グレイカラーの色見本

自然に白髪をぼかせるアッシュ系や、ナチュラルなブラウン系はグレイカラーでおすすめの色味です。

白髪が目立ちにくい色や、おすすめのトレンドカラーを紹介していきます。

明るさのトーン

白髪染めのカラーレベル

グレイカラーの明度は最大で8~9トーンで、少し明るめの地毛くらいです。

ヘアカラーは最大12トーンですが、前述のとおり白髪染めは染料が濃いので明るくなりにくいのが特徴。

トーン選びは、白髪量にあわせて行うのがおすすめです

おすすめの明るさ
  • 白髪が多い人:8~9トーン
  • 白髪が少ない人:6トーン以下

白髪が多い方は白に近い明るい色、黒髪が多い方は黒っぽい暗めカラーを選ぶと、染めた部分が浮かず自然に仕上がります。

グレイカラーで白髪が目立ちにくいおすすめの色

白髪染めのトレンドカラー

白髪が目立ちにくいグレイカラーは、黒髪と白髪の境目を自然にぼかしてくれる色です。

白髪が目立ちにくい色の特徴

白髪が目立ちにくい色色の特徴
アッシュグレー赤みを抑える
柔らかい印象
グレージュくすみと透明感
白髪をぼかす
グレーくすみ感
女性らしい印象
明るいベージュ柔らかい印象
明るい雰囲気

グレーや明るめベージュは白とコントラストが近いので、白髪を目立ちにくくできます。

元の髪になじませるため、白髪が少ない方は明るめを、白髪が多い方は濃い色を選ぶのがおすすめです。

反対に白髪が目立ってしまうグレイカラーは、黒やダークブラウンなど白を際立たせる濃い色。

白髪をぼかして染めたい方は、グレーやベージュの入った柔らかい色味を選びましょう。

髪のツヤ感をアップしてくれるアッシュベージュ

アッシュベージュの髪色

アッシュベージュは髪の赤みを抑え、ツヤ感や透明感を高めてくれる色味です。

アッシュベージュがおすすめな人
  • ツヤと透明感がほしい
  • 暗めでも柔らかい雰囲気にしたい
  • 髪の赤みを抑えたい

暗めのトーンにすれば、透け感もありつつしっかりと白髪をカバーできます。

アッシュベージュは暗めでも軽やかさがあり、髪がふんわりして見えるのが特徴。

反対に明るいと、より透明感がアップし垢抜けた印象に仕上がります。

柔らかい印象を与えてくれるアッシュブラウン

アッシュブラウンの髪色

アッシュブラウンは地毛に馴染みやすく、グレイカラー初心者も挑戦しやすいです。

アッシュブラウンがおすすめな人
  • 女性らしいふんわり感を出したい
  • 地毛になじみやすい色がいい
  • ナチュラルに仕上げたい

ブラウンに青みのあるアッシュが加わることで、柔らかさがアップし女性らしい雰囲気に。

無難なブラウンがベースなので、ナチュラルな仕上がりが好きな方に向いています。

上品で大人っぽい色合いが魅力のピンクブラウン

ピンクブラウンの髪色

血色感と大人可愛い印象が魅力のピンクブラウン。

ピンクブラウンがおすすめな人
  • 可愛く上品な雰囲気になりたい
  • 顔のくすみが気になる
  • 暖色系カラーが好き

ピンクブラウンは暖色系カラーなので、顔色を明るくして若々しく見せてくれます。

ブラウンベースなので、派手にならずナチュラルで上品な印象に。

白髪をぼかすためには、なるべく明るく染めるのがおすすめです。

グレイカラーのよくある質問

美容院の白髪染めで失敗しない色選びを教えてください。

白髪量にあわせた色選びがおすすめです。

  • 白髪が少ない人
    • 暗めカラー
  • 白髪が多い人
    • グレー/明るいベージュ

現在の髪色となじませるために、黒髪が多い人は暗めの色、白髪が多い人は明るめを選びましょう。

グレイカラーでグレージュはできますか?

グレイカラーでもグレージュにできます。

白に近いグレージュは、白髪を目立ちにくくしたい方におすすめです。

グレイカラーで明るくしたいのですがどうすればいいですか?

グレイカラーで明るくできるのは8~9トーンまで。

10トーン以上にしたい場合は、白髪ぼかしハイライトがおすすめです。

白髪がない若い人でもグレイカラーはできますか?

白髪がなくてもグレイカラーはできます。

ただ、グレイカラーはヘアカラーと比べて染める力が強いので、ダメージが大きいです。

白髪以外を染めたい場合は、年代問わずヘアカラーの使用をおすすめします。

ファッションカラーとグレイカラーの違いは?色見本も違いますか?

染料の濃さが違います。

白髪を染めるためのグレイカラーは、ブラウンの染料が濃く暗い仕上がりです。

一方ファッションカラーは、色味や明るさが幅広いのが特徴。

色見本もグレイカラーの方が暗く、赤みがあります。

グレイカラーでもおしゃれな色はある?

グレイカラーでも最近では、アッシュブラウンやピンクブラウンなどスタイリッシュなカラーがあります。

白髪があってもおしゃれな色味に染めることは可能です。

アッシュグレーのグレイカラーで人気の髪型・ヘアアレンジを教えてください。

アッシュグレーのグレイカラーで人気のヘアスタイルはこちらです。

  • ミディアムヘア
  • くびれレイヤー
  • ウルフレイヤー

長さはミディアムが多く、レイヤースタイルが人気です。

美容院でグレイカラーで染めてもらうと、どのくらい時間がかかる?

約1時間30分程度が平均です。

グレイカラーと白髪染めはどっちが染まる?

美容室で行うグレーカラーは、髪質や白髪の量に合わせて薬剤を調合するため、市販の白髪染めよりもカバー力は高いです。

市販の白髪染めでもしっかり染めたい方は、ブラウンなど色味の濃いカラーを選ぶと白髪も染まりやすくなります。

ファッションカラーとはなんですか?

ファッションカラーとは、一般的におしゃれ染め・ヘアカラーと呼ばれるものです。

黒髪を染めるためのカラー剤で、白髪染めと比べて色味や明るさが幅広いのが特徴。

グレイカラーと縮毛矯正は同時にできる?

グレイカラーと縮毛矯正を同時に施術してくれる美容室もありますが、基本的にはおすすめできません。

最低でも1週間程度の間隔を空けるようにしましょう。

白髪がない人はグレイカラーで染められる?

もちろん使用できます。

  • 暗く染まる
  • ヘアカラーよりも髪が痛む

ブラウン色素が濃く配合されたグレイカラーは、ヘアカラーよりも暗く染まります。

グレイカラーでリタッチはできる?

グレイカラーで、伸びた根元だけをリタッチすることは可能です。

グレイカラーは黒染めとしても使える?

使用できます。

しかしグレイカラーは染毛力が高いため、カラーチェンジしづらくなるというデメリットもあるので、注意が必要です。

白髪ぼかしとグレイカラーの違いを教えてください。

グレイカラーは、白髪全体をしっかりと染める施術。

髪全体にダメージがかかりますが、染毛力は高いです。

一方、白髪ぼかしは髪全体に細いハイライトを入れて、白髪を目立ちにくくする方法。

しっかりは染まりませんが、ダメージを受けるのはハイライト部分のみで済みます。

グレイカラーの意味はなんですか?

グレイカラーは、美容院で行う白髪染めのことです。

セルフの白髪染めよりも希望の髪色を実現しやすく、ダメージを抑えられるというメリットがあります。

グレイカラーで白髪を染めた時の値段は?

グレイカラーの相場

  • 5,000円〜10,000円程度

美容室によって多少異なる場合があります。

グレイカラーは何歳から始める?

白髪が気になり始めた時が、グレーカラーに切り替えるタイミング。

30代後半から白髪が増えてきたと感じる人もいますが、20代の方でも白髪が多い方はいます。

年齢に関係なく、白髪が隠しきれなくなったらグレイカラーで染めることをおすすめします。

メンズもグレイカラーで白髪染めできますか?

男性もグレイカラーで白髪染めできます。

性別関係なく、白髪が気になる方は試してみてください。

グレイカラーで自分に似合う色を探す方法は?

自分に似合う色は、肌の色味で選ぶのがおすすめです。

  • イエベ
    • ベージュ系
    • ブラウン系
    • オレンジ系
  • ブルベ
    • ピンク系
    • ブルー系
    • アッシュ系

>グレイカラーの色見本を見る

グレイカラーで素敵な髪色に白髪を染めていきましょう

明るく染めた髪

グレイカラーで、自分にあった髪色を楽しみましょう。

記事のまとめ
  • グレイカラーとは?
    美容院で行う白髪染めのこと
  • グレイカラーは市販品より・・
    色持ちや染毛力が高い
  • 髪質にあう薬剤を調合してもらえる
  • 白髪が目立ちにくいのは・・
    グレーやベージュ、アッシュ系

プロに施術してもらうグレイカラーは、時間とコストはかかるものの、市販の白髪染めより希望通りに仕上がりやすいです。

自分の髪質にあう薬剤で染められるため、セルフ染めと比べてダメージも抑えられます。

理想の髪色を叶えたい」という方は、ぜひグレイカラーを試してみてください。

<参考にした情報>

著者情報

白髪染め専門美容室ソマリは株式会社AWAの運営する三重県津市の白髪染め専門美容室です。来店が難しいお客様が、ご自宅でも美容室での白髪染めを再現頂けるように白髪ケア情報を発信しています。ソマリスタッフ長崎弘幸)が白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント・白髪染めなどを正直にレビュー評価し、自宅ケアに最適な白髪染め商品を提案します。

  • 記事内容を事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
目次