サロン情報
白髪向け製品検索
お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8885-0769

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILinfo@a-w-a.co.jp

LINEで白髪相談

【白髪染めしない方がいい?】ダメージで髪が痛む?デメリットを解説

白髪染めはしない方がいい?

白髪染めしない方がいい?

ダメージで髪や頭皮が傷む?

ダメージが心配で、白髪染めをするべきか迷っている方も多いのではないでしょうか?

白髪染めはしない方がいいの?
  • 白髪染めをしない方がいい訳ではない
  • 白髪染めはメリットもある
  • 白髪染めで白髪が増えるのは迷信
  • 白髪染めやめた方がいい人がいるのも事実
  • 白髪染め以外の選択肢もある

本記事では、白髪染めはしない方がいいという噂の真相やデメリットを解説します。

デメリットはありますが誰しもが白髪染めしない方がいいというわけではありません。

この記事を読んでわかること

白髪染め以外の染め方でもデメリットはあるので、自分の髪質や肌質に合った方法を賢く選択することが大切です。

デメリットが気になって白髪染めを迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

監修者は商品の推薦ではなく「検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。

著者

白髪染め専門美容室ソマリ

美容室ソマリ

三重県津市の白髪染めを専門とした美容室。実際に来店されるのが難しい地域外の方に向けて白髪染めや白髪ケアに関する情報を発信していきます。

白髪染め専門美容室ソマリは、三重県津市の許認可を受けたヘアサロンです。すべてのコンテンツは景品表示法薬機法に依拠し、コンテンツ制作ポリシーに則り制作したものを、美容室スタッフが監修及び精査し公開しています。

目次

白髪染めのデメリット

白髪染め商品のパッケージ

白髪染めのデメリットを解説します。

このまま白髪染めを続けるべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダメージで髪が痛む

ダメージで痛んだ髪

染料には刺激の強いジアミンが配合されているので、濃くなるほど髪へのダメージも増加。

黒髪よりも白髪は硬く薬剤を弾きやすいため、しっかり染めるには濃い染料を使う必要があります。

白髪染めを繰り返すたびに、髪ダメージが重なってしまいます。

特に細い髪質の方は、キューティクルが薄くダメージ受けやすいため要注意。

白髪染めをした後は、しっかりトリートメントやヘアオイルでケアすることが大切です。

頭皮の刺激

頭皮

白髪染めは刺激の強い成分が配合されているので、頭皮のひりひり感やかゆみを引き起こす可能性もあります。

頭皮の刺激になる成分
  • アルカリ剤
    キューティクルを開く
  • 過酸化水素水
    髪を脱色する

アルカリ剤と過酸化水素水は髪に色をつけるために必要ですが、活性酸素を発生させ頭皮環境を悪くしてしまいます。

活性酸素は頭皮の細胞を攻撃し、炎症の原因に。

また頭皮の状態が悪くなると髪の健康も損なわれ、白髪や薄毛のリスクも高まってしまいます。

頭皮への負担を減らすには、白髪染めの頻度を下げるなどの対策が必要です。

白髪染めの頻度

ジアミンアレルギーの可能性

ジアミンとは?

白髪染めにはジアミンという刺激の強い染毛成分が含まれていて、アレルギーを起こす危険性があります。

ジアミンアレルギーが起こると頭皮のかゆみや痛み、腫れなどを発症することが・・。

シエロデザイニングカラーナチュラルオークルのパッケージとパッチテスト用台紙

白髪染めを使用する前に、必ずパッチテストを行って安全性を確認しましょう。

パッチテストの手順
  1. 腕の内側に白髪染めを薄く塗る
  2. 30分後と48時間後に様子をみる
  3. 異常がなければ白髪染めする

ジアミンアレルギーとは?

白髪染めはデメリットもあるが「しない方がいい」は嘘

白髪染め商品のパッケージ

髪や頭皮へのダメージや、ジアミンアレルギーの原因になる白髪染めですが「絶対に使用しない方がいい」というわけではありません。

白髪染めは色素が濃いので染毛力が高く白髪を1度でしっかり染められるというメリットもあります。

負担を軽減しながら白髪染めする方法
  • 白髪染めの頻度を減らす
  • 他の白髪ケア製品と交互に使用する
  • 低刺激の白髪染めを使用する

白髪用トリートメントなどを上手く活用することで、白髪染めの頻度を少なくすることが可能です。

髪に優しい白髪染めの選び方

また頭皮や髪になるべく優しい成分配合の製品を選ぶことも重要。

髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶ
  • 脱色剤フリーの製品を選ぶ
  • 取り置きできる白髪染めを選ぶ
  • 保湿・補修成分をチェック
  • 放置時間が短い商品を選ぶ

白髪染め商品の中には脱色剤フリーの白髪染めも販売されています。

ジアミンは配合されていますが、脱色剤が入っていないことで通常の白髪染めよりも負担なく染めることが可能です。

「白髪染めをしていいのかな?」「このまま白髪染めを続けてもいいの?」という方は、ぜひ上記の方法を取り入れてみましょう。

市販の白髪染めで傷まないランキング

白髪染め以外の染め方でもデメリットはある

ヘナ染め・白髪用シャンプー・ヘアマニキュアのデメリット

白髪染め以外の染め方でもデメリットはあります。

白髪染め以外で染めるデメリット
  • しっかり白髪が染まりにくい
  • 色落ちしやすい

ヘナカラーは植物由来の染料で低刺激で白髪を着色できますが、オレンジ味が強く染まる使用する人によっては肌に合わない場合があるのがデメリット。

ヘナカラーとは

ヘアマニキュアやカラートリートメントなどは髪表面を着色するだけなので、内部から発色する白髪染めと比べて染まりにくいです。

また髪表面を染めるアイテムは、シャンプーのたびに色落ちしてしまうというデメリットも。

たとえば白髪染めが約1~2ヶ月色持ちするのに対し、ヘアマニキュアは約2~3週間で退色してしまいます。

白髪を濃く染めたい」「髪色を長くキープしたい」という方には、白髪染めがおすすめです。

白髪染めトリートメントのデメリット

白髪染めのメリット

シエロの染毛効果検証

白髪染めのデメリットを解説してきましたが、メリットもあります。

デメリットだけでなく、メリットも知りたい方は参考にしてみてください。

白髪がしっかりと染まる

ヘアリシエの染毛効果検証

白髪染めは染料が濃いため、白髪がしっかり染まるというメリットがあります。

1回の使用でもムラなく白髪を染めることが可能です。

しっかり染まると・・
  • 色落ちしにくい
  • 若々しい印象になる
  • 白髪が気にならなくなる

白髪がきれいに染まると清潔感が出て、若々しく見えるのもうれしいメリット。

また、染料の多い白髪染めは髪色をキープする力が高く約1~2ヶ月は色持ちするので、頻繁に白髪ケアする手間もかかりません。

色味・明るさの選択肢が多い

5〜9トーンまでのカラースケール

白髪染めは色味や明るさの選択肢が多く理想の髪色に仕上がります。

白髪染めの色味・明るさ
  • 色味:ピンクからアッシュまで
  • 明るさ:約9トーンまで

9トーンの明るさは?
室内でもほんのり明るさを感じられる

カラートリートメントなど白髪染め以外のアイテムは、ダークブラウンやブラックといった暗く無難な色味が多め。

また黒髪を染める効果がなく、大幅なカラーチェンジも難しいです。

一方で白髪染めは、ブラウン系だけでなくピンクやアッシュも楽しめて、約9トーンまで明るくできます。

1度で白髪を濃く染めて、おしゃれなカラーを楽しみたい」という方にぴったりです。

白髪染めをすると白髪が増えるの?

エールボーテをモデルが染毛効果を検証

白髪染めをしてもほとんどの場合、白髪が増える原因にはなりません。

カラー剤に含まれる過酸化水素水が、メラノサイトを破壊して白髪になるという説があるのは確かです。

メラノサイトとは?
黒髪の元となるメラニン色素を生み出す組織

過酸化水素水は刺激が強いため、頭皮や髪に負担がかかってしまいます。

しかし白髪染めに含まれる濃度で、メラノサイトを壊して白髪が増えるという科学的根拠はありません。

月1回程度の白髪染めで、白髪が増えるとは考えづらいです。

白髪の原因

白髪染めをやめた方がいい人

シエロ商品のパッケージ

メリット・デメリットに関わらず、白髪染めをやめたほうがいい人もいます。

適切に白髪ケアするために、ぜひ読んでみてください。

敏感肌やアレルギーの人

痒みのある頭皮

敏感肌やアレルギーの方は頭皮トラブルを起こす危険があるので、白髪染めはおすすめできません。

白髪染めにはジアミンなど刺激の強い成分が多く入っており、頭皮環境の悪化につながります。

刺激が強い代表的な成分
  • ジアミン
  • 過酸化水素水
  • アルカリ剤

敏感肌やアレルギーの方は、ノンジアミンの白髪染めを選ぶのがおすすめです。

ノンジアミン白髪染め市販おすすめ

髪色を明るくする予定のある人

エブリ ヘアカラー パンテラレオベージュの染毛効果検証

髪に明るい色が入りにくくなる可能性があるので、髪色のトーンを上げる予定のある方も、白髪染めはおすすめできません。

白髪染めは色素が濃く、髪に色素が残って次のカラーを邪魔する恐れがあるからです。

明るくするには色落ちするまで待つか、ブリーチする必要があります。

ブリーチするとすぐに明るくできますが、刺激が強く髪を傷める恐れが・・。

髪色を明るくする予定がある方は、白髪染め以外の方法でケアすることがおすすめです。

デメリットが気になる人は白髪染め以外の選択肢も選ぼう

白髪染めシャンプー・トリートメントのパッケージ

白髪染めのデメリットが気になる人は、以下の染め方を選択するのがおすすめです。

自分に合う白髪ケアの方法を見つけてみてください。

白髪ぼかしハイライト

白髪ぼかしハイライトは「白髪があっても明るい髪色を楽しみたい」という方におすすめの方法。

髪全体に白に近い筋状の明るいカラーを入れることで、白髪との境目をぼかして目立たなくさせてくれます。

白髪ぼかしハイライトがおすすめな人
  • 明るい仕上がりにしたい
  • 根元白髪を目立たなくしたい
  • 髪に立体感がほしい

髪が伸びてきてもハイライト部分と紛れて、根元白髪が目立ちにくくなるというメリットも。

また、暗髪にブリーチした部分が散らばることで立体感が出て、若々しい印象に仕上がります。

ただ明るい色だと濃く染まりづらいため、白髪をしっかり染めたい方には不向き。

白髪を活かしながら、明るくおしゃれなカラーで染めたい」という方は、ぜひ白髪ぼかしハイライトを試してみてください。

白髪ぼかしとは?

ヘアマニキュア

オルディーブルドレスのパッケージ

ヘアマニキュアは染料で髪表面をコーティングして着色するため、ハリコシ・ツヤを与えながら白髪を染められます。

ヘアマニキュアがおすすめな人
  • 頭髪へのダメージを抑えたい
  • 髪のボリューム低下が気になる
  • 髪ツヤがほしい

ジアミンフリーなので髪や頭皮への負担が少なく、敏感肌やアレルギーの方も比較的安心です

ヘアマニキュアは約1ヶ月色持ちするため、頻繁に白髪ケアしたくない方にも最適。

最近では市販で購入できるヘアマニキュアの商品は品揃えも多く、手に入りやすくなっています。

染料が付くと落ちにくいというデメリットはありますが、頭髪を労って白髪ケアしたい方にはぴったりです。

ヘアマニキュアおすすめランキング

ヘナ染め

かの子のハーバルヘナ38番のパッケージ

自然由来成分のヘナは、頭皮や髪を守りながら白髪を染めたい方に適したアイテム。

化学染料と比べ、刺激やアレルギーの危険も少なめです。

ヘナ染めがおすすめな人
  • 頭髪への負担を減らしたい
  • 髪にハリコシ・ツヤが欲しい
  • 自然な発色が好き

ヘナ染めは髪表面をコーティングして色を付けるので、髪にハリコシ・ツヤを与えてくれます。

自然由来なので、1回では明るくなりにくく放置時間が長い点はデメリットですが、染毛力が控えめな分、自然な発色が楽しめます。

優しい成分で丁寧に白髪を染めていきたい」という方は、ぜひヘナ染めを試してみてください。

ヘナカラーとは?

白髪染めカラートリートメント

白髪染めカラートリートメント

低刺激な成分で頭皮や髪にやさしい、白髪染めカラートリートメント。

敏感肌やジアミンアレルギーの方にもおすすめです。

カラートリートメントがおすすめな人
  • 自然に白髪をカバーしたい
  • 簡単に白髪ケアしたい
  • 頭皮や髪に負担をかけたくない

普段トリートメントをするのと同じ要領で、簡単に白髪を染められます。

またトリートメントに染料が入ったアイテムなので、同時に美髪ケアできるのも魅力。

ただ、白髪染めカラートリートメントは優しい染料を使用しているので、1回で白髪を染めるのは難しく繰り返し使う必要があります。

反面、少しずつ色づくので自然に仕上がるというメリットも。

また白髪染めトリートメントは市販やドラッグストアなどでも低価格で販売されており、手軽に白髪ケアできると好評です。

きれいな髪をキープしながら白髪ケアしたい」という方におすすめなアイテムです。

白髪染めカラートリートメントおすすめ

白髪染めカラーシャンプー

利尻カラーシャンプーと他の白髪染めシャンプー

白髪染めカラーシャンプーは、毎日使えるほどの優しい成分で作られているので、頭皮や髪を労って白髪を染められるアイテム。

カラーシャンプーがおすすめな人
  • 自然な仕上がりにしたい
  • 手軽に白髪をケアしたい
  • 頭皮や髪を労って染めたい

使い方は普段のシャンプーと同じなので、不器用でも色ムラなくきれいに染められます。

ただ白髪染めシャンプーは、髪表面だけを着色するため、1度で白髪を染められない点はデメリット。

とはいえ、少しずつ染めていくことでカラートリートメント同様、自然な仕上がりが叶います。

白髪染めシャンプーおすすめ

【Q&A】白髪染めのデメリットに関するよくある質問

白髪染め商品の染毛効果検証

白髪を染めないで黒くすることはできるの?

白髪を染めずに黒くすることはできません。

髪は伸び始める時にメラニン色素を受け取ることで、黒くなるからです。

白髪を黒くすることは難しいですが、今ある白髪をこれ以上増やしたくないという方は白髪対策できるシャンプーがおすすめです。

>白髪予防シャンプーランキング

白髪やパサつきに効果的な対策は?オイルはどうなの?

白髪やパサつきが気になり始めたら、以下のようなヘアオイルを使用するのがおすすめです。

  • アルガンオイル
  • ツバキオイル
  • ホホバオイル

ヘアオイルは髪に潤いやツヤ感を与え、白髪やパサつきを目立ちにくくしてくれます。

白髪をそのままにしたい女性におすすめの髪型は?

白髪をそのままにお洒落を楽しみたい場合には、以下の髪型がおすすめです。

  • ミディアムヘア
    • 緩めカール
  • ショートカット
    • 表面レイヤー
  • ショートボブ
    • 表面レイヤー

肩までの長さにした方が、乾燥してパサつきやすい白髪も目立ちにくいです。

表面にレイヤーを入れたりと、髪に動きを付けると若々しい印象に仕上がります。

白髪染めを使うとはげるって本当?

白髪染めが直接、抜け毛の原因になることはありません。

しかし白髪染めが頭皮に付くと、刺激を受けて頭皮環境が悪化し、薄毛につながる可能性もあります。

心配な方は、刺激の少ないジアミンフリーのアイテムを使用するのがおすすめです。

白髪染めは一度するとどうなる?

白髪染めは染料が多く配合されているので、1度でしっかりと濃く染まります。

ただ髪に染料が残りやすいため、次回明るくするのは難しいです。

白髪を染めない40代女性に人気の髪型は?

白髪を染めない40代女性に人気の髪型は以下の通りです。

  • 丸みのあるショート
  • 分け目を変えるボブ
  • ひし形ミディアム

丸みのあるショートはボリューム感を出しやすく、白髪も黒髪に紛れて目立ちにくくなります。

分け目を変えるボブも地肌が見えにくくなるため、白髪を染めなくても若々しく見える髪型です。

ひし形ミディアムはトップがふわっとしているので、小顔に見せてくれます。

白髪染めをやめておしゃれ染めにするとどうなる?

おしゃれ染めは黒髪を染めるのが目的なので、白髪はぼかす程度にしか染まりません。

ただ白髪染めと比べて、明るく豊富な色味を楽しめます。

>白髪染めをやめておしゃれ染めは?

白髪染めがダメな理由は?

頭皮や髪へのダメージが強く、アレルギーを起こす可能性がある点が、白髪染めの欠点です。

白髪染めは白髪がしっかり染まるよう、強力な薬剤が使われています。

1回で綺麗に白髪を染められますが、頭皮や髪を痛めるのが心配な方にはおすすめできません。

50代の人は白髪をどうしてるの?

白髪を気にしている多くの方が、白髪染めやおしゃれ染めなどをしています。

一方で白髪を生かした髪型を楽しもうと、グレイヘアにする方も増加中です。

白髪染めで傷んだ髪におすすめのシャンプーは?

白髪染めで傷んだ髪におすすめのシャンプーは以下の通りです。

ボタニカルカラークリームシャンプーは、植物由来オイルでパサついた髪をケアしてくれます。

バランローズは補修ケア成分が豊富で、白髪染めしながら美髪を目指せる点が人気です。

リシリア フレルは、まとまりのある髪に仕上げたい方から選ばれています。

白髪を染めない50代女性に人気の髪型は?

白髪を染めない50代女性に人気の髪型は以下の通りです。

  • 分け目のないショート
  • 表面がふんわりしたボブ
  • 軽やかなミディアム

根元白髪が気になる方には、分け目のないショートヘアがおすすめです。

ペタンとした髪が気になる方は、ふわっとしたボブにするとボリューム感がアップします。

少し長めの髪がいい方には、表面と内側の髪の長さに段差を付けて軽やかにするミディアムが人気です。

白髪を染めないとどうなる?

髪が伸びるにつれて、根元白髪が目立ってきます。

白髪があると老けて見えやすいので、染めたくない方もヘアケアは怠らないようにしましょう。

>グレイヘアは汚い?

白髪染めで傷んだ髪におすすめのトリートメントは?

白髪染めで傷んだ髪におすすめのトリートメントは以下の通りです。

  • 利尻ヘアカラートリートメント
  • ルプルプ
    ヘアカラートリートメント
  • ベルタヘアカラートリートメント

利尻は、天然由来の植物色素でやさしく白髪を染めます。

ルプルプは頭皮ケアをしながら、艷やかで自然な色合いに仕上げてくれるアイテム。

ベルタは美容液成分が配合されていて、ハリ・コシ・ツヤを与えながら白髪を染められます。

【まとめ】白髪染めをやめた方がいいという事はないがデメリットもあるので自分にあった染め方で白髪ケアしていきましょう

ナシードカラーの染毛効果検証

白髪染めには、頭髪にダメージがかかったりというデメリットもありますが「やめたほうがいい」というわけではありません。

大切なのは、自分に最適な白髪ケア方法を見つけること。

記事のまとめ
  • 白髪染めしない方がいい理由
    • 頭皮や髪にダメージがかかるから
  • 白髪染めはしない方が良い?
    • しないほうがいいは
  • デメリットが気になるなら・・

白髪染めには色味・明るさの選択肢が多く、1回で色づきやすいというメリットもあるので、デメリットが気にならない方にはおすすめです。

敏感肌やアレルギーの方、髪色を明るくする予定のある方などは、他の染め方を試してみてください。

自分にあった白髪ケアの方法で、若々しい見た目をキープしましょう。

<参考にした情報>

著者情報

白髪染め専門美容室ソマリは株式会社AWAの運営する三重県津市の白髪染め専門美容室です。来店が難しいお客様が、ご自宅でも美容室での白髪染めを再現頂けるように白髪ケア情報を発信しています。ソマリスタッフ長崎弘幸)が白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント・白髪染めなどを正直にレビュー評価し、自宅ケアに最適な白髪染め商品を提案します。

  • 記事内容を事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
目次