サロン情報
白髪向け製品検索
お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8885-0769

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILinfo@a-w-a.co.jp

LINEで白髪相談

【セルフカラーは美容院で怒られる?】白髪染め専門美容室の美容師が回答

セルフカラーをした後に美容院に行くと美容師に怒られる?

こんな疑問に白髪染め専門美容室の美容師が回答します。

解決できる悩みと記事の内容

結論から言うと、怒る美容師もいるかもしれません。ただ、それは髪の状態を思っての事。

コツを理解した適切なセルフカラーを行っていれば、基本的に怒られる事はありません。

カラートリートメントを美容師が嫌がる理由

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

監修者は商品の推薦ではなく「検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。

著者

白髪染め専門美容室ソマリ

美容室ソマリ

三重県津市の白髪染めを専門とした美容室。実際に来店されるのが難しい地域外の方に向けて白髪染めや白髪ケアに関する情報を発信していきます。

白髪染め専門美容室ソマリは、三重県津市の許認可を受けたヘアサロンです。すべてのコンテンツは景品表示法薬機法に依拠し、コンテンツ制作ポリシーに則り制作したものを、美容室スタッフが監修及び精査し公開しています。

目次

【セルフカラーは美容院で怒られる?】美容師が回答

【セルフカラーは美容院で怒られる?】美容師が回答

セルフカラーをすることで、次回美容院に行った時に怒られるか心配な方は安心してください。

基本的に、セルフカラーをしているからといって怒られる事はほとんどありません。

実際、こんなお客様がいらっしゃいます
  • セルフカラーと美容院カラーを交互にしている
  • 緊急のお出かけなど美容院に行く余裕がなかった

美容院でのヘアカラーは色ムラも少なく、綺麗に、ダメージレスですが、どうしても時間がかかるのがネック。

緊急時にセルフカラーをする人は多い

緊急時にセルフカラーをされる方は沢山いらっしゃいます。

美容師側も見慣れているので、セルフカラー自体が原因で怒られるという事はないはずです

セルフカラー自体が怒られる原因ではない

セルフカラー自体が怒られる原因ではない

もしも、セルフカラーをしていることが原因で怒る担当美容師であれば、自身の売り上げ減が原因で怒っているのかもしれません。

真っ当な美容師であれば、セルフカラー自体を怒るのではなく、髪の状態を心配しての事がほとんどです。

【セルフカラーは何が違う?】美容院のカラーと違いを比較

【セルフカラーは何が違う?】美容院のカラーと違いを比較
セルフカラー美容院のカラー
根本・毛先の塗り分けがない
カラー履歴を考慮できない
毛先への負担が大きい
根本・毛先を塗り分ける
カラー履歴を見て薬剤選定
毛先への負担にも配慮
酸化染毛剤を想定して比較

美容院でカラーする際、担当した顧客が満足できるように、沢山のカラー剤の中から調合して、希望色に近づけます。

でも、美容院カラーでも初回から100点の仕上がりって難しいんです。

ただ、顧客1人1人の施術を記録したカルテを保存しているので通う程、その美容院は顧客の髪質を理解し、希望に近づけることができるようになってきます。

美容院では施術記録を把握して行う

美容院では施術記録を把握して行う

薬剤の反応履歴を確認して施術することで、よりお客様一人一人に合った薬剤選定ができるようになります。

美容院のカルテではカラー履歴を残します
  • 使用したカラー剤のレベル
  • 使用したカラー剤の色味
  • 使用した結果

カラー遍歴を確認することで、希望通りの色味をダメージレスに実現します。

通えば通うほど担当美容師は顧客の髪の状態を良く知ってくれて、髪に合った薬剤選定をしてくれるということ。

セルフカラーでは塗り分け・細かい調整ができない

セルフカラーでは塗り分け・細かい調整ができない

セルフカラーでは、根本と毛先の薬剤を塗り分けてカラー塗布する人はほとんどいません。

実際、市販のカラー剤でも根本から毛先までの一発塗り用しか販売されていない為、細かい調整をすることは市販カラーでは不可です。

反対に美容院のヘアカラーでは、毛先と根本の脱色度合の調整や色味の調整をコントロールしてカラー塗布行います。

その結果、既染毛である毛先には負担の少ない薬剤を、ダメージのない新生毛には脱色度合の高い薬剤を使用して、根元から毛先まで均一にムラのないカラーを実現できるんです。

【怒られる場合】セルフカラーを美容院で怒られる理由

【怒られる場合】セルフカラーを美容院で怒られる理由

基本的には、セルフカラーが原因で美容院で怒られる事はないです。

とはいえ、少し嫌がられる可能性はあります。

髪の状態が悪くなった

髪の状態が悪くなった

美容師は担当顧客の髪の状態に常に気を配っているので、かなり敏感です。

髪の状態を常に気遣っていた担当美容師からすると、アドバイスを無視して、セルフカラーをした結果、ダメージがひどくなっていたら注意を促すことがあるかもしれません。

セルフカラー失敗して直すのが大変

セルフカラー失敗して直すのが大変
直すのが大変なセルフカラー例
  • 色味・明るさの調整が難しい髪質の人
  • 脱色範囲がまちまち

髪質によっては薬剤のコントロールが美容院でも難しい方が一定数いらっしゃいます。

特にそういった方の場合、セルフカラーによる色味や明るさのムラは修正が困難です。

また、塗りムラなどで脱色範囲がまちまちになってしまった場合にも修正が難しい場合があります。

オーダー(色味・明るさ)が難しい

オーダー(色味・明るさ)が難しい

セルフカラー後の下記のような注文は難しく、怒られはしなくても、美容師側からするとかなりの負担です。

オーダー(色味・明るさ)が難しい場合
  • セルフで入れた色味と真逆の色相
    • セルフで赤系→美容院で青系など
  • セルフで黒染めした後に明るくする
    • 特に黒染めなど脱色しづらいもの

美容院でのカラーだと履歴を担当美容師が把握している為、カラーチェンジの際の薬剤も選定しやすいです。

反対にセルフカラーの場合、使用した薬剤も分からない

反対にセルフカラーの場合、使用した薬剤も分からない状態で上記のような注文をされてしまうと対応が難しい。

難しいオーダーは、慎重な施術が必要となるため予約時間を予想以上に押してしまう可能性があります。

結果、次回からしないように等の注意はされる可能性があると考えておきましょう。

ダメージが酷い

ダメージが酷い

著しいダメージを負った髪には、色味が発色・定着しない場合も。

ダメージが酷い時に
カラーで起きる現象
  • 染着不良
    • 色味が入らない状態
  • 色素の吸い込み
    • 色味が入りすぎる状態

上記2パターンは、どちらもカラー剤が思うように色味を出せない状態の事。

セルフカラーを失敗してダメージした髪には度々この状態で来店される方もいらっしゃいます。

塗り分け・細かい調整ができない」でも解説したように、損傷度合に応じて染められないセルフカラー。

酷いダメージを負ってしまい、それが原因で施術に影響が出る可能性があることは頭に入れておきましょう。

【怒られない方法】セルフカラーする際に美容師を怒らせないポイント

【怒られない方法】セルフカラーする際に美容師を怒らせないポイント

美容院でのヘアカラーと併用してセルフカラーを行っていきたい方は怒られないポイントを抑えましょう。

怒られないセルフカラー方法は、失敗して修復困難なダメージや色味にしないことが重要です。

セルフでは明るさを大きく変えない

セルフでは明るさを大きく変えない

セルフカラーで明るさを大きく変化させると失敗リスクがあがるので控えておきましょう。

明るさの変化の大きいカラー
  • ブリーチ
  • 黒染め

特に上記にあげた2種類のカラーは、影響が大きいです。

実際にセルフ黒染め数日後のお直しなどは美容院でも断られるケースは聞くので、行ったとしても美容院でのお直しも難しいことは頭に入れておきましょう。

セルフカラーした事を予約時に伝える

セルフカラーした事を予約時に伝える

セルフカラーした事自体を怒る美容師はほとんどいません。

ですが、カラー履歴が分からないと薬剤選定に支障が出る可能性があるのでセルフカラーを行った後は正直に伝えましょう。

そのうえで、セルフカラーに使用した商品名なども伝えると美容師もカラー選定に役立てることができます。

半永久染毛料で染める

半永久染毛料で染める

半永久染毛料とはカラートリートメントやカラーシャンプー等の表面への着色効果を主としたものです。

半永久染毛料の種類

半永久染毛料の特徴は「今の明るさの中に色味を入れる」こと。

脱色を行わないので、ダメージはありません。

セルフカラーの失敗でありがちな毛先パサパサな状態にならずに済むので、これだけで失敗の確立が下がります。

既に色素が削られた髪の毛の隙間に色味が入り込んだり、髪表面で発色するため染まり方は穏やかですが、自宅で行うには一番適しています。

【セルフカラー後】美容院で染めるまでの期間の理想は1か月後?

【セルフカラー後】美容院で染めるまでの期間の理想は1か月後?

セルフカラー後美容院で髪を染める場合の期間の理想1か月以上空けることです。

ただし、セルフカラーを行った際の種類連続使用期間によってもその後の期間は異なります。

スクロールできます
セルフカラーの種類理想の期間目安
カラートリートメント・カラーシャンプー1~2週間
ヘアマニキュア1~2週間
カラー剤(普通~明るめ)2~3週間
カラー剤1か月~

半永久染毛料(カラーシャンプー、カラートリートメント)で染めた場合には、よほど連続使用していない場合に限り早ければ1週間程度期間を空ければ問題なく美容院でもカラーできます。

ただし、染料の入り具合によっては希望色味と折り合いがつかない可能性もあるので、担当美容師と相談しながら色味・明るさを決めるようにしてください。

【独自口コミ調査】美容院施術のためセルフカラーで気をつけていることを100人に調査しました

「美容院施術のためセルフカラーで気をつけていることは?」とアンケート調査を実施。

1位は『美容師にセルフカラーしていると伝える』でした。

上記の調査結果はインターネット調査(クラウドワークス)を用いて2023年8月23日~8月25日の間に行った合計100名の女性に対するアンケート調査をもとに、株式会社AWAが作成しました。本件に関しては、プレスリリース「【調査レポート】美容院施術のためセルフカラーで気をつけていることは?1位は「美容師にセルフカラーしていると伝える」でした!|株式会社AWAのプレリリース(prtimes.jp)」もご覧ください。

【注意点】セルフカラーで美容院に怒られるか心配な人が見るよくある質問

【注意点】セルフカラーで美容院に怒られるか心配な人が見るよくある質問

市販の白髪染めヘアカラーでおすすめは?

沢山の白髪染め商品を検証した中でおすすめは下記の3商品です。

セルフカラーで痛まないおすすめは?美容師のおすすめも知りたい

セルフカラーで髪が髪が傷まない市販商品は基本的にありません。

痛みにくい商品であれば、検証した中だと下記の白髪染めヘアカラーが手触りも高評価でした。

>セルフカラー白髪染めランキング8選

セルフカラー後、美容院でカットだけ行くのはあり?先にするのはどっち?

セルフカラー後に、美容院でカットしてもらっても何も問題ありません。

ただ、塗る量や塗りやすさを考慮するとカット後に染めた方が簡単です。

ヘアカラーの染め直しをセルフカラーの翌日に美容室でするのはアリ?

セルフカラーの翌日に美容院で染め直しをお願いするのはありです。

ただし、注意等される可能性はあります。

もしも、美容院へアカラーの後の染め直しを希望の場合には気になったタイミングですぐに連絡を入れるようにしましょう。

技術保証として来店から1週間前後は無料でお直しを実施しているお店が多いです。

セルフカラーをしたら美容師ってわかる?

担当している顧客であれば、前回との来店履歴を見て分かります。

ただ、色を入れるカラートリートメント等をセルフで行った際には分からない可能性があります。

<参考にした情報>

著者情報

白髪染め専門美容室ソマリは株式会社AWAの運営する三重県津市の白髪染め専門美容室です。来店が難しいお客様が、ご自宅でも美容室での白髪染めを再現頂けるように白髪ケア情報を発信しています。ソマリスタッフ長崎弘幸)が白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント・白髪染めなどを正直にレビュー評価し、自宅ケアに最適な白髪染め商品を提案します。

  • 記事内容を事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
目次