サロンメニュー
白髪向け製品検索
お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8885-0769

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILinfo@a-w-a.co.jp

運営会社
LINEで白髪相談

ブリーチで白髪は染まる?白髪染めからブリーチに切り替えた実例とセルフのやり方

ブリーチで白髪は染まる?白髪染めからブリーチに切り替えた実例とセルフのやり方

この記事ではブリーチで白髪を染めるとどうなるのか、詳しく解説していきます。

この記事で解決できる悩み

ブリーチは髪の毛の色素を抜く脱色剤なので、色味を持たない白髪を染めることはできません。

白髪と黒髪の色の差をなくすことで、白髪が目立ちにくくなるというメリットがあるんです。

今回は白髪はブリーチで染まるのか、ブリーチした場合の実例を詳しく解説してきます。

またブリーチした髪に似合う色味も合わせて紹介。

白髪が気にならないくらい明るく染めたい」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

監修者は商品の推薦ではなく「検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。

著者

白髪染め専門美容室ソマリ

美容室ソマリ

三重県津市の白髪染めを専門とした美容室。実際に来店されるのが難しい地域外の方に向けて白髪染めや白髪ケアに関する情報を発信していきます。

白髪染め専門美容室ソマリは、三重県津市の許認可を受けたヘアサロンです。すべてのコンテンツは景品表示法薬機法に依拠し、コンテンツ制作ポリシーに則り制作したものを、美容室スタッフが監修及び精査し公開しています。

目次

【ブリーチで白髪は染まる?】ブリーチで白髪を染めた場合の特徴

【ブリーチで白髪は染まる?】ブリーチで白髪を染めた場合の特徴

ブリーチで染めると明るく透明感のある髪の毛に仕上がりますが、白髪を染めることができません。

通常の白髪染めとブリーチで染めた場合には仕上がりに違いがあります。

ブリーチは髪の毛に与えるダメージや色持ちにも通常のヘアカラーとの違いがあります。

ブリーチで染めた場合の特徴をお伝えしていきます。

明るいぼかした仕上がりだが、白髪は染まらない

明るいぼかした仕上がりだが、白髪は染まらない

ブリーチは脱色剤なので、元々色味のない白髪を染めることはできません。

白髪にブリーチした場合
  • 白髪は染まらない
  • 黒髪は金髪に
  • 白髪と黒髪の明るさの差がなくなる

ブリーチすると黒髪は色素が抜けて金髪のようなクリーム系の色味に染まります。

ブリーチすることによって白髪と黒髪の明るさの差がなくなり根元白髪が目立ちにくくなるんです。

白髪が気にならないぼかしたような仕上がりに。

伸びてきても黒髪と白髪の色の差がなくなるので、白髪の量が多い方や明るい髪の毛が好きな方にはブリーチがおすすめです。

白髪染めよりも髪が傷む(ダメージが大きい)

白髪染めよりも髪が傷む(ダメージが大きい)

ブリーチは髪の毛の色素だけでなく栄養素や水分も抜いてしまいます。

白髪染めよりもブリーチは髪の毛が傷みやすくなります。

通常のカラー剤には色素と共に栄養分が配合されているのですが、ブリーチ剤には含まれていません。

ブリーチで起こる髪の変化
  • 栄養分や水分が流出する
  • 髪の手触りが悪くなる
  • 色落ちがはやい

そのため「髪の毛を傷ませたくない」「ツヤのある髪の毛になりたい」方は、注意が必要です。

色味が抜けた時に全体が黄色くなる

色味が抜けた時に全体が黄色くなる

ブリーチで染めた後、時間が経って色味が抜けると黄色やオレンジ味を帯びた髪色になります。

髪の色素
  • 黒い髪
    • 赤・青・黄色が混ざっている
  • 白髪
    • 青と黄色の色素だけ残っている

白髪には赤系の色素がなく、青と黄色の色素だけ残っている状態です。

ブリーチによって青系の色素はすぐに抜けるのですが、黄色は残留しやすいので時間が経つと全体的に黄味を帯びた髪色になってしまいます。

ブリーチ後にアッシュ系などの色味をプラスすることで黄味を中和

黄色味を抑えるためには、ブリーチ後にアッシュ系などの色味をプラスすることで黄味を中和。

選択する色で、時間が経ってもキレイな髪色をキープすることができます。

>白髪ぼかしハイライトが伸びてきたら?

【実例】ブリーチで白髪を染めた・ぼかした場合

【実例】ブリーチで白髪を染めた・ぼかした場合

実際に白髪をブリーチで染めている実例を紹介します。

白髪ぼかしハイライトで外国人風カラー

いつものカラーに白髪ぼかしハイライトをプラスしたデザインカラー。

白髪ぼかしハイライトがおすすめな人
  • 全体ブリーチするのは不安
  • 白髪の量が少なめ

白髪ぼかしハイライトは筋状に細かくハイライトを入れていくので、全体的にブリーチするのは勇気がない方も挑戦しやすいです。

伸びてきても白髪と馴染むので目立ちにくく、外国人風に仕上がります

>白髪ぼかしとは?ハイライトの効果・料金を解説

柔らかい印象になれるハイトーングレージュ

ブリーチした髪の毛にオシャレ染めを重ねて、柔らかさのある髪色に。

白髪染めを使用していないので、白髪はぼかす程度の仕上がり。

ブリーチで髪の毛を明るくしているので、伸びてきても気になりにくいです。

白髪染めでは表現しにくいグレージュカラーもブリーチ+オシャレ染めで手に入れることができます。

顔色が良く見えるラベンダーブラウン

弱めのブリーチで繰り返した白髪染めをほんのり明るくし、ラベンダー系のブラウンを足した髪色。

必要以上にブリーチせず髪の毛を労わりながら優しく脱色しているので、ダメージを抑えたツヤのある髪の毛になれます。

ラベンダーブラウンの色味は顔色を明るく、血色良く見せてくれる色味。

白髪が気になるのでいつも暗い髪色に染めてる」「寒色系から暖色系にチェンジしたい」方におすすめのカラーです。

【どんな人におすすめ?】白髪をブリーチで染めるのはデメリットもある

【どんな人におすすめ?】白髪をブリーチで染めるのはデメリットもある

ブリーチで白髪を染めると、伸びてきても白髪が目立ちにくいというメリットもありますが、デメリットもあります。

メリット
デメリット
  • 透明感が出る
  • 白髪をぼかせる
  • 好きな色味を選べる
  • 白髪が伸びてきても
    気になりにくい
  • 白髪が染まりにくい
  • ダメージしやすい
  • 時間が掛かる

メリット、デメリットを踏まえて、おすすめな人を紹介するので参考にしてみてください。

白髪をブリーチで染めるのはどんな人におすすめ?

ブリーチでの白髪染めがおすすめな人

ブリーチでの白髪染めがおすすめな人
ダメージに強い髪質

ブリーチで白髪染めをするのがおすすめなのは以下のような方です。

ブリーチでの白髪染めがおすすめな人
  • ダメージに強い髪質の人
  • 白髪を明るく染めたい人
  • ブルーベースの人

通常の白髪染めに比べるとダメージしやすく、しっかり白髪が染まらないというデメリットがあります。

ですが、白髪をぼかすように染められるので「ダメージに強い髪質」「伸びてきても白髪を目立たなくしたい」方にはおすすめ。

実際にお客様の中には、白髪ぼかしとしてブリーチを選択する方も多くいらっしゃいます。

また白髪染めでは挑戦しづらい明るい髪色にも染められるので、一つの選択肢として取り入れてみてはいかがでしょうか。

ブリーチでの白髪染めがおすすめできない人

ブリーチでの白髪染めがおすすめできない人
細い髪質

ブリーチでの白髪染めがおすすめできないのは下記のような方です。

ブリーチで白髪染めがおすすめできない人
  • 髪が細い人
  • 早く色味が抜けるのが気になる人
  • 白髪の量が多い人
  • 頻繁に美容院に通うのが嫌な人
  • ダメージが気になる人
  • 肌のくすみが気になる人

髪の毛のダメージが気になる方・傷みやすい細毛や軟毛の方は、ブリーチはおすすめできません。

繰り返し染めると枝毛や切れ毛などを引き起こす恐れがあります。

さらにブリーチすると色落ちが早いので、定期的にメンテナンスする必要も。

美容室に行く回数が増えるので「なるべく美容室に行く回数を減らしたい」「髪の毛のダメージが気になる」方にはおすすめできません。

【色味はどれがいい?アッシュ?】ブリーチで白髪染めする場合に入れたいおすすめの色味

【色味はどれがいい?アッシュ?】ブリーチで白髪染めする場合に入れたいおすすめの色味

ブリーチした時に白髪との馴染みがよく、相性のいい色を紹介します。

ブリーチで白髪を染める時は、色味選びが大切です。

色味の種類別に詳しく解説するので参考にしてみてください。

アッシュ系(寒色)の場合

アッシュ系(寒色)の場合

アッシュ系(寒色)は、透明感のある柔らかい色味で白髪と馴染みがいいです。

日本人の髪質特有の赤味やオレンジ味を消してくれるので、外国人のような髪色になれます。

項目アッシュ系がおすすめな人
好みの色透明感のある色
地毛の色の悩み赤味・黄色味が気になる方
肌の色味ブルーベース
白髪の量少なめ
似合うファッションクール
スタイリッシュ
外国人のようなおしゃれな色味で大人気

くすみ感のあるアッシュ系の髪色は、外国人風のおしゃれな色味で大人気。

ブルーベースの方には似合います。

ただ白髪の量が多い方やイエベの方は顔色がくすんで見える可能性も。

その場合はアッシュ系でも明度の明るいいカラーを選ぶようにしましょう。

レッド系(暖色)の場合

レッド系(暖色)の場合

レッド系(暖色)は、ツヤ感を出してくれる暖かみのある色味。

日本人の髪はもともと赤味が強いので、レッド系は比較的どんな人でも相性がいいです。

項目レッド系がおすすめな人
好みの色女性らしい色
地毛の色の悩み赤味が気になる
肌の色味イエローベース
白髪の量少なめ
多め
似合うファッション大人っぽい印象
カジュアル
肌馴染みが良いので血色の良い印象に

肌馴染みが良いの顔のくすみが気になる方も、血色の良い印象に。

染めるたびに濃く色味が入るので「なるべく染めたての髪色をキープしたい」「染める頻度を減らしたい」という方におすすめです。

ただ赤やバイオレット系の色味は濃く染まると、個性的な印象になってしまいます。

ピンクやモーブ系の柔らかい色味を選ぶと、肌や白髪に馴染みやすいです。

特におすすめしたいのはブラウン系のカラー

特におすすめしたいのはブラウン系のカラー

ブリーチで白髪を染める時、特におすすめしたいのはブラウン系のカラーです。

ブラウン系は、ブリーチした髪の毛に最適な色味。

項目ブラウン系がおすすめな人
好みの色ナチュラルな色
大人っぽい色
地毛の色の悩みどなたでも◎
肌の色味ブルーベース
イエローベース
白髪の量少なめ
多め
似合うファッション清楚系
清潔感のあるファッション

ブリーチ毛特有のキラキラ感や色ムラを軽減。

さらに白髪との馴染みも良いので、美容室でもよく使用されています。

ブラウン系でおすすめの色味
ブラウン系でおすすめな色
  • ベージュブラウン
  • マットブラウン
  • モカブラウン

ブラウンといってもカラーバリエーションはさまざま。

ナチュラルな色味なので、カラー選びに迷ったらブラウン系を選んでみてください。

>イルミナで一番白髪が目立たない色は?

【セルフでのやり方】ブリーチでの白髪染めをセルフで行う方法

【セルフでのやり方】ブリーチでの白髪染めをセルフで行う方法

美容師でも難しいブリーチをセルフで行うのは、ムラやダメージの原因になるのでおすすめできません。

ですが、どうしても自分でやってみたい方やどんな方法で施術するのか知りたい方もいらっしゃると思います。

セルフでブリーチする方法や必要なアイテムを解説していきます。

業務用のブリーチ・入れる色味のカラー剤を買う

業務用のブリーチ・入れる色味のカラー剤を買う

セルフでブリーチをするのは非常に難易度が高いです。

市販のアイテムではなく業務用ブリーチとカラー剤を用意しましょう。

業務用のアイテムを揃えることで、髪質や求める明るさに応じてパワーコントロールできる為キレイに染めやすくなります。

必要なアイテムをチェックしていきましょう。

業務用のブリーチ

ブリーチに必要なアイテムはこちらの2種類。

ブリーチに必要なアイテム

市販のブリーチ剤ではパワーが弱くて色素が抜けにくいので、業務用アイテムを使用するのがおすすめ。

業務用アイテムを使用すると、市販よりも効率よく色素を抜くことができます

ブリーチ剤に対して過酸化水素水は3倍までの割合。

過酸化水素水の割合が多すぎるとブリーチの効果を十分に得られないので、きっちり計量して混合して下さい。

入れる色味のカラー剤

入れる色味のカラー剤

ブリーチした後に色味を足すためにカラー剤も用意しましょう。

カラー剤に必要なアイテム

染めたい色味のカラー剤も業務用アイテムがおすすめです。

ブリーチ後の髪の毛は明るくなっているので、10トーン以上のカラー剤だと色味が薄い仕上がりになることも。

6~8トーンのカラー剤を選ぶようにしましょう。

色味をプラスするだけなので脱色作用が緩やかな3%過酸化水素水がおすすめです。

髪を濡らす

髪を濡らす

ブリーチ剤を準備できたら、髪の毛を濡らしましょう。

美容室でブリーチをする際はドライで塗布するのが基本ですが、セルフで行う場合はウェット状態がおすすめ

乾いている状態でブリーチすると反応速度が速く色素が抜けやすいため、ブリーチの難易度が格段にアップ。

濡れている状態だと塗布しやすく反応速度が緩やかなので、セルフブリーチする時は髪の毛を濡らしておきましょう

全体的に濡らしたら、しっかりタオルドライしましょう。

水が滴らない程度がベストな状態です。

ブリーチを塗る

ブリーチを塗る
染まりにくいネープから塗布

ブリーチを塗るポイントは、染まりにくいところから素早く塗布していくこと。

染まりにくいところ襟足(ネープ)
染まりやすいところこめかみ
顔周り
頭頂部

ブリーチ剤は1剤と2剤を混合するとすぐに反応が始まります。

ムラにならないために染まりにくい襟足からスピーディに塗っていきましょう

頭皮に近い根元付近は体温が伝わって明るくなりやすいので注意してください。

なるべく5㎝ほど開けて塗り始め、毛先を塗り終わってから根元を塗りましょう。

頭皮にブリーチ剤が付いてしまうと刺激になり、かゆみやかぶれの原因になってしまいます。

根元付近は薄く塗布するのがポイント!

15分から60分(色味を抜きたい明るさに応じて変える)放置

15分から60分(色味を抜きたい明るさに応じて変える)放置

ブリーチを塗布したら、乾燥しないようにラップを巻いて時間を置きます。

放置時間は30分程度。

髪質目安時間
硬毛・多毛・メラニン色素濃いめ30~60分
軟毛・細毛・メラニン色素少なめ20~30分

髪質や求める明るさによって放置時間は変わりますが、様子を見ながら30分ほど放置しましょう。

30分放置したら染まりムラがないかチェックをしてください。

コーミングしながらチェックし、脱色されていない部分にはブリーチ剤を重ねます。

流す

流す

時間を置き、脱色できたことを確認できたら流していきましょう。

ブリーチ直後の髪の毛は非常にデリケート!

髪の毛を傷めないよう、丁寧に乳化し優しく流して下さい。

Q:乳化とは?
洗い流す前にぬるま湯と薬剤を揉み込みながら混ぜること。
薬剤が内部へより深く浸透するのを助け、色がしっかりと定着させる。
乳化は髪・頭皮から薬剤を取り除く役割がある。

カラー剤を塗る

カラー剤を塗る

ブリーチした後のカラーはムラになりやすいので、濡れている状態で塗りましょう。

キレイに発色させるために、たっぷり塗布するのがポイント。

塗り方のポイント
  • 根元にたっぷり塗布
  • コーミングで毛先まで伸ばす

特に、アッシュ系(寒色)の色味は毛先に色素が沈みやすいので注意してください

毛先よりも根元に多く塗布することで色ムラを防げます。

15分~30分放置

15分~30分放置

色素を定着させるために、最低でも15分は時間を置きましょう。

染まりにくい方や色味をしっかり入れたい方は、30分程放置して下さいね。

流す

流す

髪の毛とカラー剤を馴染ませるように乳化し、丁寧に流します。

カラー後の髪の毛はキューティクルが開いていてデリケートな状態。

摩擦に注意してたっぷりの泡で優しくシャンプーし、トリートメントをしてしっかりケアしましょう。

>【セルフカラーのコツ】自分で髪を染める方法

【独自口コミ調査】ブリーチで白髪を染めているかどうか100人に調査しました

「ブリーチで白髪を染めていますか?」とアンケート調査を実施。

「ブリーチで白髪染めする」と答えたのは7%でした。

上記の調査結果はインターネット調査(クラウドワークス)を用いて2023年8月23日~8月25日の間に行った合計100名の女性に対するアンケート調査をもとに、株式会社AWAが作成しました。本件に関しては、プレスリリース「【調査レポート】ブリーチで白髪を染めている方は7%でした!|株式会社AWAのプレリリース(prtimes.jp)」もご覧ください。

【Q&A】白髪染めをブリーチでしたい人が見るよくある質問

【Q&A】白髪染めをブリーチでしたい人が見るよくある質問

白髪染めをやめて明るくしたい!ブリーチすると汚い髪の毛になっちゃう?

白髪染めを繰り返した髪の毛にブリーチをするとダメージしてしまう可能性があります。

またキレイに色素が抜けず希望の髪色になれない可能性も。

ダメージによってパサつきや広がり、色ムラによって汚く見えてしまうので注意が必要です。

1回の施術では髪の毛の負担が大きいので、時間を掛けて少しずつ明るくしていきましょう。

50代の白髪染めで人気のカラーはアッシュブラウンって本当?アッシュ系の色味って白髪が目立たないカラーなの?

アッシュブラウンは赤味が抑えられていて白髪との馴染みも良いので、白髪染めする際におすすめです。

髪の毛に透明感が出て柔らかい印象になります。

根元が伸びてきても白髪が目立ちにくいので試してみてください。

>50代の白髪が目立たないカラー解説

40代で白髪ぼかしハイライトを試してみたけど後悔している。ハイライトの部分が白髪みたいに見えてしまうのを改善したいけどどうしたらいい?

白髪ぼかしハイライトにシルバーやグレー系の色味をプラスすると白髪に見えやすくなってしまいます。

太めのハイライトを入れてしまうと白髪がぼけず目立ってしまうので、細めのハイライトたっぷりいれることがポイント。

色味はオレンジ味や赤味を打ち消して上品な髪色になれるベージュやブラウン系がおすすめです。

>白髪ぼかしハイライトで失敗する原因

40代、50代の白髪が気になる髪の毛にブリーチするとどうなる?市販のブリーチ剤でセルフでできる?

ブリーチによって白髪を染めることはできません。

ですが、明るく透明感のある髪の毛に仕上がるので白髪をぼかすことができます。

市販のブリーチ剤を使用しセルフで染めることは可能ですが、難易度が高いので美容室での施術をおすすめします。

リスクを考慮したうえでセルフブリーチする場合は、業務用のブリーチ剤を使用することで効率よく染まりムラを防いで染めることができます。

ブリーチ1回では、白髪染めや黒染めの色素は落ちない?

白髪染めや黒染めは色素が濃いので、一度のブリーチではなかなか色素を落とすことができません。

ほとんど変わらないかオレンジ味の残る髪色になってしまう可能性があります。

白髪染めや黒染めの色素を落とすにはブリーチ剤ではなく、脱染剤を使用しましょう。

40代だけど、ブリーチしてインナーカラーするのはアリ?

40代でも50代でもインナーカラーを取り入れるのはアリです。

ビビットな色味にしてしまうと個性的になりすぎるのですが柔らかいベージュやピンク、バイオレット系の色味は顔色が明るく見せてくれます。

もみあげや顔周りの白髪をぼかす効果もあるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ブリーチ後におすすめの白髪染めトリートメントは?

ルプルプエッセンスがおすすめ。

美容成分94%配合で、ブリーチ後の痛んだ髪にもぴったりの白髪用カラートリートメントです。

>【新商品】ルプルプエッセンス口コミ

白髪をブリーチで染めた後、伸びてきたらどうなる?その後期間を開けて白髪染めする時はまたブリーチしたほうがいい?

ブリーチ後の髪の毛は、時間の経過とともに色味が抜けて明るくなっていきます。

伸びてきた根元をブリーチで染め続けるとダメージしてしまうので、ハイライトや明るめのカラー剤でぼかすように染めるのがおすすめです。

>白髪ぼかしハイライトとは?

ブリーチしてから白髪染めするとどうなる?セルフでもできる?

ブリーチ後の髪の毛は色素が抜けた明るい状態なので、いつもの白髪染めよりも色味が濃く入りよく染まります。

セルフでもできますが、ブリーチ+白髪染めはテクニックが必要で非常に難しいです。

染まりムラになりやすくダメージもしやすいので、美容室での施術をおすすめします。

ブリーチ後の白髪染めにおすすめ?市販ブリーチはどれを使うべき?

フレッシュライトのナチュラルブリーチがおすすめ。

ナチュラルな明るさなので、初めてブリーチを使用する方も使いやすいです。

白髪染めでアッシュに染めれる?ブリーチをしてからアッシュに染めるのとどちらがいい?

ブリーチ後のアッシュ系の色味をプラスすることで、通常の白髪染めでは表現しにくい透明感のある髪色を手に入れることができます。

白髪染めでもアッシュに染めることは可能です。

ただ暗めの色になってしまうので、明るめアッシュを希望の方はハイライトを入れるのがおすすめです。

>白髪ぼかしハイライトとは?

40代からの白髪ぼかしハイライト(ブリーチあり)でメンズおすすめの髪色は?

白髪が目立ってきた40代はアッシュグレーがおすすめです。

ハイライトで白髪をぼかし、アッシュグレーで染めることでおしゃれな髪色に。

髪全体がグレイになるので、白髪が伸びても目立ちにくくなります。

【まとめ】ブリーチで白髪は染まる?白髪染めからブリーチに切り替えた実例とセルフのやり方

【まとめ】ブリーチで白髪は染まる?白髪染めからブリーチに切り替えた実例とセルフのやり方

ブリーチで白髪を染めることはできませんが、白髪染めでは表現できない明るく透明感のある髪色を手に入れることができます。

明るい髪色になると白髪が目立ちにくくなるので「染めてもすぐに白髪が気になる」「白髪染めする頻度を減らしたい」方におすすめ。

白髪染めからブリーチに切り替えたメリット
  • 透明感のある色味に仕上がる
  • 白髪をぼかして染められる
  • 好きな色味を選べる
  • 白髪が伸びてきても気になりにくい

ブリーチすることで白髪染めでは表現できない透明感のある髪色になれるので、ぜひ試してみてくださいね。

<参考にした情報>

著者情報

白髪染め専門美容室ソマリは株式会社AWAの運営する三重県津市の白髪染め専門美容室です。来店が難しいお客様が、ご自宅でも美容室での白髪染めを再現頂けるように白髪ケア情報を発信しています。ソマリスタッフ長崎弘幸)が白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント・白髪染めなどを正直にレビュー評価し、自宅ケアに最適な白髪染め商品を提案します。

  • 記事内容を事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
目次