サロンメニュー
白髪向け製品検索
お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

TEL050-8885-0769

受付時間:10:00~17:00(定休日以外)

MAILinfo@a-w-a.co.jp

運営会社
LINEで白髪相談

【白髪の原因】白髪になる理由とメカニズムを美容室が解説

30代を迎えると少しずつ生えてくる白髪ですが、同じ年齢でも白髪が多い人・ぜんぜん白髪が生えてこないがいますよね。

白髪になってしまう原因って何?」とお悩みの方もおられるのではないでしょうか?

日頃の生活習慣が実は白髪を作る原因になってしまうこともあるんです!

そこで今回は白髪の原因や白髪のメカニズムについて詳しく解説していきます。

この記事ではこんなお悩みを解決
  • 白髪の原因は?
  • 黒髪白髪になるメカニズムは?
  • 白髪にならないための対策は?

「これ以上白髪を増やしたくない」という方に向けて白髪の原因について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スクロールできます

監修者

長崎弘幸(ひでよし)

長崎弘幸

2011年名古屋モード学園美容学科卒業後、名古屋市の美容院など計4店舗を経て、白髪染め専門美容室ソマリを開業。Yahoo!ニュースエキスパートや各種SNSにてヘアケアについて発信中。

監修者は商品の推薦ではなく「検証」「選び方」「白髪知識」について監修しています。

著者

白髪染め専門美容室ソマリ

美容室ソマリ

三重県津市の白髪染めを専門とした美容室。実際に来店されるのが難しい地域外の方に向けて白髪染めや白髪ケアに関する情報を発信していきます。

白髪染め専門美容室ソマリは、三重県津市の許認可を受けたヘアサロンです。すべてのコンテンツは景品表示法薬機法に依拠し、コンテンツ制作ポリシーに則り制作したものを、美容室スタッフが監修及び精査し公開しています。

目次

白髪の原因は?髪の毛が白髪になる理由を解説

白髪になってしまう原因は大きく分けて9つあります。

日頃の生活習慣が白髪を増やす原因になっている可能性も。

これから9つの白髪の原因について詳しく解説していきます。

加齢

加齢が白髪の原因の一つとされています。

年齢を重ねることで、体内の抗酸化物質の量が減少し、酸化ストレスが増加。

これにより、メラノサイトの働きが低下し、メラニン色素の生成が停止または減少するため、白髪ができてしまいます。

加齢に伴う白髪は避けられない自然な現象であり、多くの人が経験します。

しかし、以下の事に注意すると白髪の進行を遅らせることができる場合も。

  • 健康的なライフスタイル
  • バランスの良い食事
  • 適度な運動
  • ストレスの軽減

白髪が生えてしまうことを止める事はできませんが、日頃の生活習慣を見直すことも白髪ケアに大切なことだと言えます。

遺伝

白髪の出現には、遺伝的要素が大きく関与しています。

遺伝子は親から子へと受け継がれる情報の塊であり、個人の外見や体質などの特徴を決定する役割を果たしています。

遺伝による白髪の発生は、家族の間で白髪が現れる年齢や進行の速さに類似性が見られます。

白髪が遺伝が原因場合
  • メラノサイトが作るメラニン色素の生成速度や量
  • メラノサイトの機能低下が遺伝的に決まる

これにより、白髪が遺伝的に早期に現れたり、家族内で白髪が多い傾向があることがあります。

白髪染め・ヘアカラーに配合されている過酸化水素

白髪染めやヘアカラー製品には、一般的に過酸化水素が含まれています。

過酸化水素は、髪の色素を脱色する働きがあり、ヘアカラーが髪の色を変えるための基本的な反応を引き起こす役割がある。

過酸化水素が髪や頭皮に与えるダメージは、メラノサイトの働きを低下させてしまう可能性も。

この結果メラニン色素の生成が減少し、白髪が発生することがあります。

また、過酸化水素が含まれるヘアカラーを繰り返し使用することで、髪のキューティクルが傷つき、髪質が悪化。

  • 過酸化水素濃度が低いヘアカラー・白髪染め製品を選ぶ
  • アンモニアフリーの染料を使用する
  • ヘアカラー・白髪染めの使用頻度を減らす

少しでも白髪が発生する原因を少なくしたい方は上記のことに注意しましょう。

さらに髪や頭皮のケアに力を入れることで、白髪の進行を遅らせる可能性があります。

定期的なトリートメントや保湿、補修成分がたっぷり配合されているシャンプーとコンディショナーの使用など、髪と頭皮の健康を維持することが重要です。

白髪染めの頻度は?リタッチで回数を減らすコツ

ストレス

ストレスは、身体や心に様々な影響を及ぼすことが知られており、白髪の発生にも関与しているとされています。

ストレスが高まると、体内でコルチゾルというホルモンが増加。

コルチゾルは、ストレスに対処するために必要なホルモンですが、過剰に分泌されると、体内の抗酸化物質の減少や酸化ストレスの増加を引き起こすことがあります。

これらの変化はメラノサイトの働きを低下させることがあり、結果としてメラニン色素の生成が減少することも。

メラニン色素の減少が、白髪の発生につながることがあるのです。

ストレスによる白髪の発生を抑えるためには、以下の方法がおすすめです。

  • ストレスを適切にコントロール
  • リラックスできる環境を整える
  • 適度な運動
  • 十分な睡眠
  • 趣味やリラクセーションを楽しむ

ストレスを対処できるような生活環境に整えるとストレス緩和に役立ちます。

また、バランスの良い食事を摂取することで抗酸化物質を補給し、酸化ストレスを軽減することが可能です。

頭皮の環境が悪い

頭皮環境が悪化すると、髪の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

  • 頭皮の乾燥や炎症
  • フケ
  • 皮脂の過剰分泌

頭皮に上記のような症状が出ていたら頭皮環境の悪化している可能性があります。

また上記の症状は、毛髪を支える毛母細胞やメラノサイトにダメージを与える可能性もあるのです。

メラノサイトは、髪の色を決定するメラニン色素を生成する細胞のこと。

頭皮環境が悪化することで、メラノサイトの働きが阻害されることがあり、その結果メラニン色素の生成が減少し、白髪が発生する可能性があるのです。

頭皮環境を改善し、白髪の発生を抑制するためには、適切なケアが重要。

  • 頭皮の清潔を保つ
  • 頭皮を保湿
  • 頭皮ケアをする

上記の方法を日常生活に取り入れることで、頭皮環境を整えることができます。

また、刺激の少ないシャンプーやコンディショナーを使用することが、頭皮の健康に役立ちます。

白髪が黒髪に戻ったのはなぜ?

栄養不足・生活習慣

栄養不足は、白髪の発生に影響を与える要因の一つです。

特に、ビタミンB群やビタミンC、鉄、銅、亜鉛などの栄養素が不足すると、髪の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

これらの栄養素は、メラノサイトがメラニン色素を生成する過程で重要な役割を果たしていて、栄養不足によって、メラニン色素の生成が低下し、白髪が発生する可能性も。

一方、生活習慣も白髪の原因に。

適切な睡眠、適度な運動、ストレスのコントロールなどの健康的な生活習慣が整っていない場合、体内の抗酸化物質のバランスが崩れたり、酸化ストレスが増加したりすることがあります。

これらの状況は、メラノサイトの働きを低下させ、白髪の発生につながることがあるのです。

紫外線

紫外線によるメラノサイトのダメージは、メラニン色素の生成が低下することに繋がり、白髪が発生する原因となることがあります。

紫外線は、日光に含まれる強力なエネルギーを持つ光線であり、肌や髪に損傷を与えることも。

特に、長時間の紫外線曝露は、髪の色素細胞であるメラノサイトにダメージを与える可能性があります。

また、紫外線は、髪のタンパク質であるケラチンを劣化させることがあり、髪質が悪化してしまいます。

白髪を防ぐためには、紫外線対策が重要です。

  • 日傘
  • 帽子
  • 髪にも使える日焼け止め

また、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が配合されたヘアケア製品を使用することで、髪を紫外線から守ることができます。

肌だけではなく、髪をしっかり紫外線対策をしていきましょう。

喫煙

喫煙は、身体全体に悪影響を及ぼすことが広く知られており、髪の健康にも悪影響を与えることがあります。

タバコの煙に含まれるニコチンや一酸化炭素は、血管を収縮させることがあり、髪の成長をサポートする栄養素や酸素が頭皮に届かなくなることもあるんです。

このような状況はメラノサイトの機能が低下する原因となり、メラニン色素の生成が減少。

結果として、白髪が発生しやすくなってしまいます。

また、タバコの煙には抗酸化物質を破壊する成分も含まれており、髪の老化が進行するとも言われているんです。

喫煙をやめることで、白髪の発生を抑えることができ、禁煙を行い、血行を改善させることで、頭皮に栄養素や酸素が届きやすくなり、髪の健康を維持することができます。

水道水などの塩素

水道水には、殺菌や浄化の目的で塩素が添加されています。

塩素が髪のメラニン色素に影響を与え、白髪の原因となる可能性も。

塩素は、細菌やウイルスを除去する役割がありますが、過剰に使われると髪や頭皮に悪影響を与えることがあります。

塩素は、髪の表面に存在する脂質膜を破壊し、髪の水分を奪ってしまうことも。

これにより、髪が乾燥しキューティクルが剥がれやすくなってしまうんです。

また、塩素がメラニン色素と反応することでメラニンの構造が変化し、色素の生成が減少することがあります。

水道水の塩素から髪を守るためには、シャワーヘッドに塩素除去フィルターを取り付ける方法も。

塩素除去フィルターは塩素濃度を低減し、髪や頭皮へのダメージを軽減できます。

白髪が生えるメカニズムを解説

白髪が生じるメカニズムは、メラノサイトがメラニン色素を作り出す能力が低下することに起因します。

加齢や遺伝、ストレス、栄養不足など様々な要因によって、メラノサイトの機能が衰えてしまうことも。

結果、メラニン色素の生成が減少し、新しく生える髪の毛には色素が十分に含まれなくなります。

髪の色は、毛乳頭に存在するメラノサイトという色素細胞が作り出すメラニン色素によって決まるのです。

メラノサイトはメラニン色素を生成し、髪の毛のケラチンタンパク質に取り込まれて髪の色が定まります。

また、メラノサイトが完全に機能を失うと、新たに生える髪の毛にメラニン色素が全く存在しない状態となり、白髪が現れます。

髪の毛自体は実は透明であり、白髪は光の反射によって白く見えるのです。

参考記事「白髪が生じるメカニズム

白髪になる原因を作らないための対策・改善におすすめのケア方法を紹介

少しでも白髪の原因を作らないための対策や改善におすすめのケア方法を4つ紹介していきます。

これから4つの対策やケア方法について詳しく解説します。

頭皮ケアをする

頭皮ケアは、白髪の原因を抑制し、髪の健康を維持する上で重要な役割を果たします。

健康的な頭皮環境を維持することで、髪の成長を促進し、メラノサイトの機能をサポートしてくれるのです。

白髪対策のおすすめの頭皮ケアの方法
  • 適切なシャンプーの方法
  • 頭皮マッサージ

まず、適切なシャンプー法が大切です。

頭皮に刺激を与えず、優しくマッサージするように洗いましょう。

また、頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが重要です。

頭皮の乾燥や過剰な皮脂が白髪の原因となることがあるため、保湿成分や抗酸化成分が含まれたシャンプーを選びましょう。

頭皮マッサージは、血行を促進し、栄養素や酸素が頭皮に届きやすくなります。

適度な圧力で頭皮を指圧することで、ストレスの解消にも繋がります。

頭皮マッサージを続けた結果

白髪予防にいい食材を取り入れる

食事は、髪の健康や白髪予防に大きな影響を与えます。

バランスの良い食事を摂ることで髪の成長に必要な栄養素を補給し、白髪の進行を遅らせることができます。

種類効果食材
亜鉛髪の成長や修復に必要なミネラル牡蠣、赤身肉、豆類、全粒粉など
ビタミンB群髪の成長をサポート
頭皮の健康を維持
穀物、緑黄色野菜、卵、魚、肉など
ビタミンC抗酸化作用
髪の老化を遅らせる効果
柑橘類、イチゴ、キウイ、パプリカなど
ビタミンE頭皮の血行を促進
酸素や栄養素が毛乳頭に届きやすくする
アーモンド、ひまわりの種、アボカドなど
オメガ3脂肪酸頭皮の健康をサポート
髪の成長を促す
青魚、くるみ、亜麻仁油など

これらの栄養素を含む食材をバランスよく摂取することで、白髪の原因となる要因を抑制し、髪の健康を維持できます。

白髪になる原因を作らないための対策として、白髪予防にいい食材を積極的に取り入れ、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

生活習慣を見直す

生活習慣は、髪の健康や白髪予防に密接な関係があります。

良好な生活習慣を維持することで髪に必要な栄養素の供給を促し、白髪の原因となるストレスや疲労を軽減できます。

睡眠質の良い睡眠を確保
頭皮や髪の健康も維持。
適度な運動ストレスを軽減
血行を促進する効果
髪の成長に必要な栄養素や酸素が
頭皮に届きやすくなる
ストレスの管理リラクセーションや趣味を楽しむ
ストレスを適切に管理する
喫煙
過度なアルコール摂取
アルコールの制限
喫煙や過度なアルコール摂取は
髪の健康に悪影響を与えることがある
バランスのいい食事健康的な食事習慣を維持
白髪になる原因となる栄養不足を防ぐ

生活習慣を見直すことで、白髪になる原因を作らないための対策を実践していきましょう。

白髪のお手入れ方法を見直す

白髪に対する適切なお手入れは、髪の健康を維持し、白髪の進行を遅らせる効果があります。

以下のポイントを意識して、白髪のお手入れ方法を見直しましょう。

  • 低刺激なヘアケア製品を選ぶ
  • 髪の保湿・補修ケアをする
  • 白髪染めの選択
  • 紫外線対策

低刺激なヘアケア製品を選び、髪のケアを積極的に行っていきましょう。

また白髪染めをするときは過酸化水素や脱色剤、ジアミンなどが配合されていない白髪染めトリートメント・白染めシャンプーもおすすめです。

白髪染めトリートメント・白染めシャンプーの特徴

  • 化学染料が含まれていないものが多い
    • 頭皮や髪にやさしい成分が使用されている
  • トリートメント成分が豊富
    • 髪の保湿や栄養補給ができる
  • 自宅で簡単に使える
    • 染める頻度を調整しやすい
  • 使用頻度・放置時間を調整
    • 染まり具合をコントロールできる

白髪染めトリートメント・白染めシャンプーは塩基性染料はHC染料・植物性色素が配合されている製品も多く、髪を脱色せずに白髪ケアが可能です。

また白髪を目立たなくするだけでなく、髪に潤いや栄養を与える効果も。

従来の白髪染めよりも優しい成分が使用されており、頻繁に染めることで髪へのダメージが蓄積するリスクを軽減できます。

髪のダメージを最小限に抑えながら、白髪を目立たなくすることができます。白髪になる原因を作らないための対策として、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーを検討してみてくださいね。

本当に染まる白髪染めシャンプーランキング

市販人気白髪染めカラートリートメントランキング

白髪の原因に関するよくある質問

ストレスが白髪に与える影響やメカニズムはどのようなものですか?

ストレスは、白髪の発生に関連しているとされています。

ストレスが白髪に与える影響は、主にストレスホルモン(コルチゾール)の分泌増加と、髪の色を生成するメラノサイトの働きに関連。

ストレスを感じると、ストレスホルモンが分泌され、身体全体に影響を及ぼします。このストレスホルモンが、メラノサイトの働きを阻害することも。

具体的には、メラノサイトがメラニン色素を生成し、運搬する機能が低下し、髪に色が付かなくなることで白髪が生じる原因になると言われています。

白髪を黒髪に戻すサプリはある?

白髪を黒髪に戻すためには、メラノサイトの機能を改善するための栄養素を含むサプリメントを摂取することも有効と言われています。

しかし、個人差があり、すべての人に効果があるわけではありません。また、適切な用量や使用期間にも注意が必要です。

白髪は改善できる?「改善した」「黒髪に戻った」「マッサージで治った」という人はいる人がいるのはなぜ?メラノサイトは復活する?

メラノサイトが正常に機能することで、白髪が黒髪に戻ることがあります。

なぜ黒髪に戻ったかは個人差があり、サプリやマッサージが効果的だった場合もあれば、自然治癒力や生活習慣の改善が原因である場合もあります。

>頭皮マッサージを続けた結果

>白髪が黒髪に戻ったのはなぜ?

白髪のメカニズムに関する最近の論文や研究はありますか?

白髪のメカニズムに関する研究は、様々な分野で進行しており、新しい発見が報告されています。

最近の論文では、遺伝子や細胞レベルでのメカニズム、環境要因や生活習慣が白髪に与える影響など、幅広い視点から白髪の原因が調査されています。

白髪予防や白髪が治ると言われている食べ物は?おすすめの最強な食材を知りたいです。

白髪の予防や改善には、ビタミンやミネラルを多く含む食品が効果的です。

代表的な食材としては、レバー、ほうれん草、アーモンド、納豆、キノコ類などが挙げられます。

ただし、食事だけで完全に治るわけではなく、生活習慣全般の改善が必要です。

20代で白髪がある場合、抜くべきですか?30代や38歳の女性で白髪だらけで多い場合、何か原因がありますか?
40代で白髪が多い人と50代で白髪がない人の違いは何ですか?

20代で白髪がある場合でも、抜くと頭皮にダメージを与える可能性があるため、白髪染めやトリートメントを利用する方が良いです。

白髪が多い原因は遺伝、加齢、ストレス、栄養不足などが考えられます。

個人差があるため、原因を特定し対策を取ることが重要です。

白髪の量には遺伝的要素や生活習慣、栄養状態などが影響します。

白髪がない人は遺伝的に恵まれているか、生活習慣が白髪の発生を抑える要因となっている可能性があります。

>若白髪の原因

白髪が少ない人の特徴とは何ですか?白髪が少ない理由や習慣は?白髪がない人は、はげる可能性が高いですか?

白髪が少ない人の特徴や理由には、遺伝的要素、健康的な生活習慣、バランスの取れた食事やストレス管理ができていることが挙げられます。

白髪がない人が薄毛になる可能性は一概には言えません。白髪と薄毛は異なる要因が関与しており、白髪がない人が必ずしも薄毛になるわけではありません。

>白髪が少ない人の特徴

白髪のメカニズムについて、どのような解明がされていますか?

白髪のメカニズムは、髪の色を決定するメラニン色素の生成と分布に関係しています。

白髪のメカニズムは、髪の色を決定するメラニン色素の生成と分布に関係しています。

ただし、白髪のメカニズムに関してはまだ完全に解明されていない部分もあり、研究が続けられています。

最新の白髪治療は?

現在、白髪治療には様々な方法がありますが、完全に治すことはできません。

最新の治療法としては、ヘアカラーや白髪染めに加え、レーザーや低周波治療、幹細胞治療などが挙げられますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

白髪を抜くのはいいの?

白髪を抜くことは、白髪が増える原因になるためおすすめできません。

また、頭皮を傷つけたり炎症を引き起こすこともあるため、注意が必要です。

>白髪を抜くと増える?

白髪が多い人の特徴はストレス?白髪が増えてきたらどのような対策がありますか?

白髪が多い人の特徴は遺伝的要素、加齢、ストレス、栄養不足、生活習慣や環境などが関連しています。

ストレスによる自律神経の乱れやホルモンバランスの変化が影響し、急激に白髪が増えることがあります。

白髪が増えてきたら、ストレス管理、栄養バランスの整った食事、適度な運動、頭皮ケア、良い睡眠習慣などの生活習慣を見直しましょう。

まとめ:白髪の原因は?対策やケアのポイントを徹底解説

今回は白髪の原因について解説していきました。

白髪の原因は、加齢や遺伝、ストレス、栄養不足などが考えられます。

対策としては、バランスのとれた食生活、運動、ストレスの軽減、適切なヘアケアが必要です。

ケアのポイントは、紫外線対策、頭皮マッサージ、保湿、良質なシャンプを使用するのがおすすめです。

「これ以上白髪を増やしたくない!」という方は白髪に有効な対策を行なってケアしていきましょう。

<参考にした情報>

著者情報

白髪染め専門美容室ソマリは株式会社AWAの運営する三重県津市の白髪染め専門美容室です。来店が難しいお客様が、ご自宅でも美容室での白髪染めを再現頂けるように白髪ケア情報を発信しています。ソマリスタッフ長崎弘幸)が白髪染めシャンプー・白髪染めトリートメント・白髪染めなどを正直にレビュー評価し、自宅ケアに最適な白髪染め商品を提案します。

  • 記事内容を事実に反しないよう尽力していますが、内容の正確性や安全性を担保するものではありません。
  • 無料で有益な情報を発信し続けるために一部商品では、広告主から当社(株式会社AWA)に報酬が支払われることがあります。
  • 掲載価格に変動がある場合がありますので、最新の価格や商品の詳細情報は、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。
目次